「靴を作るが靴職人と呼ばれるのはちょっと・・・」つくりて野島と新人マキコのブログ

京都の手作り靴工房「吉靴房」で毎日手作りで靴を作る日々。 そして靴以外にも好きなものがあり、製作の合間の出来事も赤裸々に綴っていきます。 基本的にインドアなので、漫画、ゲーム、歴史、科学などなど。 靴作りと好きなことを中心に毎日更新します。 このブログは靴のつくりて野島とこれから初めて靴作りを学ぶ新人マキコの2人でお届けします。

タグ:鼻緒

------------------------------------------------------------
『お知らせ』
現在のオーダーメイド完成予定時期は
2022年2月末完成、2022年3月初旬お届け予定となっております。
どうぞよろしくお願いいたします。

オーダー方法についてはこちらをご覧くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/cat_323072.html


靴磨きも承っております。是非ご利用くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22615170.html
------------------------------------------------------------ 


こんばんは。野島です。

FullSizeRender

革下駄という商品は独立前から作っていたもので、日本の履き物を製靴家として作るアイコン的なデザインとなっています。


FullSizeRender

じょんじょんは現代的草履を革下駄と同じ製法で10周年の時に作ったものです。

YouTubeで紹介させていただきましたので是非ご覧くださいませ。
それではまた明日。

------------------------------------------------------------------------
革靴製作教室生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、音楽、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/15633049.html

実践革靴製作専門習得コースも立ち上げました。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22840528.html


075-414-0121
nojima@kikkabo.jp

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------


-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------



------------------------------------------------------------
『お知らせ』
現在のオーダーメイド完成予定時期は
8月末完成、9月初旬お届け予定となっております。
どうぞよろしくお願いいたします。

オーダー方法についてはこちらをご覧くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/cat_323072.html


靴磨きも承っております。是非ご利用くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22615170.html
------------------------------------------------------------


こんばんは。野島です。


デザインウィーク京都でお世話になっている楠岡義肢製作所さんから嬉しいお申し出があり、コラボ革雪駄の製作に取り掛かっております。

面白い試みとして打ち合わせの模様をYouTubeで生配信しようというぶっつけ本番の画期的な取り組みで進んでおります。



先日第二回の打ち合わせがありました。



第一回の後に届いたものが足の石膏型。

IMG_0920

それとその足に合わせたインソールです。

IMG_0921

IMG_0922


このインソールを活かして、さらにご要望として吉靴房のじょんじょんのような革下駄のようなデザインにできないだろうかということでサンプルを作りました。



82041C0D-F539-4710-AC09-73D8A575DBF3

じょんじょんとうわぞうりをベースに、インソールに合わせて型紙を作りました。

322BBA36-504F-4CE8-92BE-E99948CEA046


鼻緒にはクッション性を持たせるために2㎜のスポンジを入れています。


73EA4ABC-5204-48E4-B9EC-C889370C5A7D


ヌメ革はじょんじょんだと4.5㎜の厚みですが、今回はインソールの厚みと鼻緒のことを計算に入れて、2.3㎜に設定。




そして片足サンプルが出来上がりました。





それがこちら!


IMG_0908
IMG_0915
IMG_0911
IMG_0910

いかがでしょうか。


これを実際履いてもらって、今わかっている課題と合わせて修正してさらに良いものにしていきます。



今後も色々壁があると思いますが、その壁が高ければ高いほど成長できると思います。

完成が楽しみです!



それではまた明日。

------------------------------------------------------------------------
革靴製作教室生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、音楽、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/15633049.html

実践革靴製作専門習得コースも立ち上げました。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22840528.html


075-414-0121
nojima@kikkabo.jp

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------



-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------
『お知らせ』
現在のオーダーメイド完成予定時期は
7月末完成、8月初旬お届け予定となっております。
どうぞよろしくお願いいたします。

オーダー方法についてはこちらをご覧くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/cat_323072.html


靴磨きも承っております。是非ご利用くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22615170.html
------------------------------------------------------------


こんばんは。野島です。


阪急うめだ本店の人混みを見て、緊急事態宣言とは・・・となりましたが、一部の人を除いてほとんどの人は意識高いなぁと感じました。

この一部の方々が厄介なんですよね。自分のことしか考えてないようで・・・
早くウイルスの脅威から解放されたいものです。

さて、オーダーいただきとても興味深い素敵な作品が仕上がりました。

FullSizeRender

足袋型のサボで「日和」というデザインがあるのですが、それに鼻緒を装着したモデルになります。

FullSizeRender

鼻緒は自作しようか悩んだのですが、やはり京都の鼻緒専門職の方に作ってもらうことに意味があるのではと考え、吉靴房の革で作っていただきました。

FullSizeRender

本体と同じ革なので一体感がすごいです。


FullSizeRender

今回はお客様のご要望で中敷も黒に統一しております。

僕も欲しくなってます!
鼻緒は白を含めいろいろな色で作れますので、気になる方は是非お問い合わせくださいませ。

それではまた明日。

------------------------------------------------------------------------
革靴製作教室生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、音楽、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/15633049.html

実践革靴製作専門習得コースも立ち上げました。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22840528.html


075-414-0121
nojima@kikkabo.jp

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------


------------------------------------------------------------
『お知らせ』
現在のオーダーメイド完成予定時期は
7月末完成、8月初旬お届け予定となっております。
どうぞよろしくお願いいたします。

オーダー方法についてはこちらをご覧くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/cat_323072.html


靴磨きも承っております。是非ご利用くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22615170.html
------------------------------------------------------------

こんばんは。野島です。


室内用革製ぞうり「うわぞうり」が完成しました。


IMG_0185

メンズサイズとレディスサイズで少しだけ爪先の形状と、鼻緒の締め具合を変えています。

レディス 22.0 23.0 24.0 25.0 26.0
メンズ  25.0 26.0 27.0 28.0 29.0

で展開予定です。


普段履いている革靴のサイズで丁度良い履き心地となるよう設計しました。


桃花色(ももはないろ)
IMG_0183

鼻緒はスポンジが入っていて、柔らかな感触です。

IMG_0184


http://kikkabo.info/material/index.html
こちらのページの革素材から選んでいただけますが、
2枚上の桃花色のように普段サイトに公開していない数量限定の色もあります。


詳しくはお問い合わせくださいませ。



本体は牛革一枚、ミッドソールにヌメの床革、ソールは5mmのEVAとなっております。

IMG_0186

焼印は土踏まず部分に半円型のヌメ革にkikkaboと入れました。

IMG_0187

IMG_0195

履いた感じはこのようになっております。

IMG_0194

柔らかい履き心地の「うわぞうり」を履いてお家での生活を楽しみましょう。

クリーマに準備が出来ましたら、またブログ等で発表いたします。

それではまた明日。



------------------------------------------------------------------------
革靴製作教室生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、音楽、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/15633049.html

実践革靴製作専門習得コースも立ち上げました。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22840528.html


075-414-0121
nojima@kikkabo.jp

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------

-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------------------
4月17日~代官山ぎゃらりー無垢里
上記日程で予定していた個展は新型コロナウイルスの影響により
延期させていただくことといたしました。
ご予定くださった方には大変申し訳ございませんが、
次回開催予定は6月26日(金)~6月30日(火)となります。
どうぞよろしくお願いいたします。
-------------------------------------------------------------------------------

























------------------------------------------------------------
『お知らせ』
現在のオーダーメイド完成予定時期は
7月末完成、8月初旬お届け予定となっております。
どうぞよろしくお願いいたします。

オーダー方法についてはこちらをご覧くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/cat_323072.html
------------------------------------------------------------

こんばんは。野島です。



靴の新作を作る予定だったのですが、今はお家で過ごす時間が多いので屋内用の履物を草履型で作ってみました。


IMG_0154

今まで屋内用はへやなかスリッパだけだったので、鼻緒タイプは初めてです。


アッパーは完全に一枚の革で出来ています。
インスタのコメントに書いたのですが、僕の目指す究極の理想は今のところ実現が不可能に感じるもので、「美しいシンプルな折り紙のように、切らず縫わず、それでいて強度があり、履き心地が良いもの」です。


そこまではどうしても物理的にできなくて、なるべく一枚で出来るように工夫しています。


IMG_0158

左足がファーストサンプル、右足がセカンドサンプルです。
鼻緒を少し広くしました。

IMG_0150

逆さにしたらクリオネみたいな形になっています。


IMG_0151

履いたらこんな感じです。


IMG_0156

鼻緒の幅はファーストとセカンドの間くらいが良さそうなので、そのあたりと本体のラインを修正し、本サンプル製作中です。


IMG_0157

マキコにも手伝ってもらいながら効率よく進めます。

IMG_0155

革下駄の鼻緒は綿を入れていますが、今回の鼻緒はスポンジ入りです。


鼻緒の形状は人間にとって非常に重要な形だと思います。

手も親指の場所と向きにより、道具を発明できる進化をしました。
足の親指も同様に重要です。

特に掴む、挟むについて考えると、他の指の組み合わせとは比較にならない強さがあります。
このあたりは是非研究している学者さんに伺いたいところです。

鼻緒型と足袋型を多く製作する理由はこの進化の過程での親指と人差し指で挟む、掴む力が人間にとって非常に大きな機能であるということに起因しています。

英語では確か、親指だけ違う呼び名だったと思います。
それほど他の指との違いがあるということですね。


手はモノを掴む。
足は地面を掴む。

この考え方を常に持ち製作しています。


明日にはクリーマにこの「うわぞうり」をアップできると思います。


それではまた明日。


------------------------------------------------------------------------
革靴製作教室生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、音楽、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/15633049.html

実践革靴製作専門習得コースも立ち上げました。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22840528.html


075-414-0121
nojima@kikkabo.jp

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------

-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------------------
4月17日~代官山ぎゃらりー無垢里
上記日程で予定していた個展は新型コロナウイルスの影響により
延期させていただくことといたしました。
ご予定くださった方には大変申し訳ございませんが、
次回開催予定は6月26日(金)~6月30日(火)となります。
どうぞよろしくお願いいたします。
-------------------------------------------------------------------------------









こんばんは。野島です。


吉靴房では基本個別オーダーですが、素材を持ち込みでご依頼いただくことがあります。
出来ないときもどうしてもありますが、出来る限りお応えしたいと思っております。



今日製作していたのは、剣道の道着の素材を鼻緒にしたいとのご依頼です。

IMG_8565



剣道着は綿の藍染の素材になるので、色落ちが激しいです。
ちょうどヌメ革のみで製作する革下駄も同時に作っておりますが、工程を別にして進めないと色移りしてしまうので注意が必要です。


IMG_8566

色移りさせたくない材料は透明なビニールに入れて厳重に保管しながら作業します。



IMG_8567

吉靴房で使う牛革は色移りしにくいものを使っておりますが、それでも可能性がないとは言えないのでこれも別に進めます。






IMG_8564

また今度記事にすると思いますが、今回非常に珍しいご依頼を頂いておりまして挑戦中です。
なんとか形にできたらいいのですが・・・

こんな歯切れの悪い言い方になってしまうほどの難易度です。
がんばります!






いろいろな素材で様々な形を製作するので常に頭がパンパンですが、なるべく整理しながら進めていきたいと思います。





それではまた明日。



------------------------------------------------------------
『お知らせ』
現在のオーダーメイド完成予定時期は
3月末完成、4月初旬お届け予定となっております。
どうぞよろしくお願いいたします。
------------------------------------------------------------


------------------------------------------------------------------------
革靴製作教室生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/15633049.html

075-414-0121
nojima@kikkabo.jp

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------



-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------




























こんばんは。野島です。



吉靴房の中で草履型の鼻緒サンダルは特別なものです。
そもそも独立前から作っていたものということもありますが、僕自身が子供の頃から最も気に入って履いていた履物だったというのが一番大きな理由です。




覚えている限りでは小学生の頃、靴の脱ぎ履きが面倒で、どこに行くにもゴム草履を履いていたこと。
夏の朝、岩城神社でのトレーニングにスニーカーではなくゴム草履を履いて行き、先生にも同期にも笑われたこと。


こんな思い出を書いているときに出てくるゴム草履は常に「じょんじょん」と呼んでいました。

PA090192


今思えば静岡はゴム草履の生産地として有名ですし、そもそも駿河の下駄の生産地としても有名です。


でも僕の地元ではぞうりのことを「じょんじょん」と呼んでいました。
同郷のみなさんそうでしたよね?






P4130928


この作品は地元でのこの呼び名から付けました。
吉靴房10周年のときのことです。






面白いもので今でもぞうりのことをじょうりと呼ぶ地域が全国に多くあります。
特に年配の方でじょうりと呼ぶ方が多いはずです。





潮田鉄雄著
ものと人間の文化史8「はきもの」にもその分布図が描かれていますが、全国各地、特に都会から少し離れた地域に多く残っています。




ただ、このじょうりという呼び方、軽率にぞうりの訛りと断言をしてしまうことは出来ません。




平安時代のから残る文献に、草履と浄履(じょうり)と両方見られるからです。
室町時代にも江戸時代にも両方文献が残っています。


僕の仮説ですが、日本における履物は、結界を出るものという意味合いもあることから、浄化するための履物という意味があって、この呼び名がついたのではと思っています。



藁草履と同じ素材の注連縄も結界の役割を持っています。
いかがですか?考えさせられますよね。



P4130939



このようなことに思いを馳せながら、このデザインは10周年記念作品として作り上げました。






革で履物を作る。
革で下駄を作る。
そして革でぞうりを作る。




つくりて野島としてはとても自然で、どうしても作りたかったデザインです。





P4170963


革下駄ですとボリュームがあって敬遠されていたお客様もこちらのじょんじょんは大変気に入っていただいております。



P4170967


細身のシルエットのボトムから太めのシルエットまで非常に相性が良いです。




PA090160





是非一度お試しくださいませ。






























このページのトップヘ