「靴を作るが靴職人と呼ばれるのはちょっと・・・」つくりて野島と新人マキコのブログ

京都の手作り靴工房「吉靴房」で毎日手作りで靴を作る日々。 そして靴以外にも好きなものがあり、製作の合間の出来事も赤裸々に綴っていきます。 基本的にインドアなので、漫画、ゲーム、歴史、科学などなど。 靴作りと好きなことを中心に毎日更新します。 このブログは靴のつくりて野島とこれから初めて靴作りを学ぶ新人マキコの2人でお届けします。

タグ:考え方

------------------------------------------------------------
『お知らせ』

現在のオーダーメイド完成予定時期は
2022年11月末完成、2022年12月初旬お届け予定となっております。
お時間いただき申し訳ございませんがどうぞよろしくお願いいたします。

オーダー方法についてはこちらをご覧くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/cat_323072.html


靴磨きも承っております。是非ご利用くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22615170.html
------------------------------------------------------------


こんばんは。野島です。

こと日本においてのことしかわかりませんが、教育の中にプロフェッショナルについてもう少し触れたほうが良いのではと思っています。

というのも、プロフェッショナルというカタカナ語のイメージを上手く表す日本語が無いような気がするからです。

プロフェッショナルとは何かという問いについてwikiを含めいろいろなブログやサイトに条件などたくさん解説されていますが、一言で表していることがあまりないと思います。


それだけ、ある種日本語で表現するのが難しい概念的なことなのだと思います。

NHKの番組「プロフェッショナル仕事の流儀」を好きでよく観ていましたが、どの業界でも一流と呼ばれる方や超一流と呼ばれる方がいて、その方々の共通することは

「生業としていることに誇りを持ち、常に対象者や対象物に真剣に思いやりを持って向き合っていると思います。」

それともう一つ

「責任感」です。


誇りと責任感が同列に並行に高い位置にあり、責務を遂行するためにあらゆる可能性を探っています。


僕自身もお客様のためにできる全てを注いでいます。それでもまだ足りないという向上心を持ち続け、さらに良くするために続けられる人をプロフェッショナルというのではないでしょうか。

『プロフェッショナルな人とは向上心を持って生業を持続し続ける覚悟と責任を持った人』と言えると思います。

経験からその考えに至る人もいると思いますが、教育現場でもう少し噛み砕いて伝えられるともっと世の中が良くなるのではと思う毎日です。


それではまた明日。

------------------------------------------------------------------------
革靴寺子屋生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、音楽、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/15633049.html

実践革靴製作専門習得コースも立ち上げました。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22840528.html


075-414-0121
nojima@kikkabo.jp


副業で夜にアルバイトをしてみたいという方もおられましたらご連絡ください。
(募集締め切られせていただきました。また募集するかもしれませんがご検討いただいた方には申し訳ありません。)

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------


-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------


------------------------------------------------------------
『お知らせ』

現在のオーダーメイド完成予定時期は
2022年4月末完成、2022年5月初旬お届け予定となっております。
お時間いただき申し訳ございませんがどうぞよろしくお願いいたします。

オーダー方法についてはこちらをご覧くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/cat_323072.html


靴磨きも承っております。是非ご利用くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22615170.html
------------------------------------------------------------


こんばんは。野島です。

昨年に引き続き京都光華女子大学にてお話をさせていただきました。
デザイン学科の1年生に「くらしに生きるものづくり」というテーマをいただきました。

昨年はコロナ真っ只中という状況だったので、オンラインでの開催でしたが、今回は大学の教室でお話しさせていただきました。

IMG_1496


すごく難しいテーマだなあと思いつつ、人のDNAに備わっている昔の記憶。
10万年前に衣服を纏い始めた頃からの生活リズムの意識。
そして何より楽しいとは何か。

そんな話を自分の過去を例に出しながらお話させていただきました。


上記画像は先にアイデアを箇条書きにしたものです。


昨年はまだパワーポイントやGoogleスライドを使いこなせてなかったのと、時間が足りなかったのですが、今年はしっかりとスライドを用意して向かうことができました。


IMG_1497



暮らしと仕事が一体化しているような毎日を送っているので、それを続けるためのコツと言えばいいでしょうか。
大事にしている気持ちの部分は何かを分解してお届けした感じです。


息子と3歳ほどしか違わない大学生達にどのように受け止めてもらったのか。
前向きに捉えてくれたらいいなあ。

準備は休憩中や食事中にコツコツやってきましたが、結局ギリギリまでかかりました。
なかなか難しいものですね。

またこのように人前で話すことがあれば、もっと伝えられるように色々努力したいと思います。


いつもお世話になっている手染め屋の青木先生とはもう15年ほどのお付き合いですが、授業前に初めて知ったことや意外なご縁があったことを知り、世間は狭いね何て話しました。おかげで緊張せず生徒さん達の前に立つことができました。ありがとうございました。


それではまた明日。
------------------------------------------------------------------------
革靴寺子屋生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、音楽、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/15633049.html

実践革靴製作専門習得コースも立ち上げました。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22840528.html


075-414-0121
nojima@kikkabo.jp

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------



-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------

このページのトップヘ