「靴を作るが靴職人と呼ばれるのはちょっと・・・」つくりて野島と新人マキコのブログ

京都の手作り靴工房「吉靴房」で毎日手作りで靴を作る日々。 そして靴以外にも好きなものがあり、製作の合間の出来事も赤裸々に綴っていきます。 基本的にインドアなので、漫画、ゲーム、歴史、科学などなど。 靴作りと好きなことを中心に毎日更新します。 このブログは靴のつくりて野島とこれから初めて靴作りを学ぶ新人マキコの2人でお届けします。

タグ:生徒さん

------------------------------------------------------------
『お知らせ』
現在のオーダーメイド完成予定時期は
3月末完成、4月初旬お届け予定となっております。
どうぞよろしくお願いいたします。

オーダー方法についてはこちらをご覧くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/cat_323072.html


靴磨きも承っております。是非ご利用くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22615170.html
------------------------------------------------------------


こんばんは。野島です。

先日のTVでの放送をご覧になった方を何人か新しく教室の生徒さんとしてお迎えしました。
革靴製作教室では初日にまず全体の概要をお伝えした後に、靴の定義とは・・・という話からお伝えし、足の採寸、それから紙と革の裁断という流れで進みます。


IMG_0597

ちょうど昨日は新しい生徒さんばかりの時間帯があったということと、新しい生徒さんの中に足にお悩みの方がいらっしゃったので、珍しくちょっと講義的な説明をさせていただきました。


まず足と靴のサイズについてと関係性。
靴はJIS規格で寸法が決まっているという話。
捨て寸という爪先に空間があること。
オーダーメイドの日本と欧米の感覚の違い。
外反母趾についてのこと。その対策。
革底の利点と欠点、ゴム底の利点と欠点。
日本の靴製造の歴史。現状。
牛革と豚革について。
などなど結構踏み込んだ話もさせていただきました。


吉靴房の革靴製作教室の大きな声では言っていないモットーは
「楽しくお話しながらみんなと交流し、通っていたらいつの間にか靴が完成する」という割りと軽い感じで通って欲しいという願いがあります。


そんな感じの運営を目指しているので、昨日のような真面目?な話はまとめてしないようにしているのですが、いろいろご質問にお答えしていたら靴についての具体的な細かい話をしておりました。


生徒さんはいろいろ多趣味で博学な方が多いので、熱心に聞いてくださったと思っておりますが楽しんでいただけたでしょうか。

普段はもっとくだけた感じですので、重かったらすみません・・・(笑)


足の悩みを抱えてらっしゃる生徒さんがおられたので、そのあたりについて細かくお伝えできたのは良かったかなと思っております。


ご近所の方から、100キロ以上離れた場所から通ってくださる方、20代から60代の方まで本当に千差万別な方と交流できる場として僕が一番楽しんでいるかもしれません・・・(すみません)


皆様こんな私ですが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ご興味をお持ちの方は遠慮なくお問い合わせくださいませ。


それではまた明日。


------------------------------------------------------------------------
革靴製作教室生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、音楽、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/15633049.html

実践革靴製作専門習得コースも立ち上げました。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22840528.html


075-414-0121
nojima@kikkabo.jp

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------


-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------

こんばんは。野島です。



4月に2週連続で展示会を予定していて、さらにDIYも組み込んだので吉靴房を始めて以来の忙しさを感じています。これは本当に幸せなことですね。充実の毎日です。




本日は生徒さんの作品集の紹介です。

吉靴房の革靴製作教室では吉靴房の商品も独自にアレンジして製作していただけます。


004 (5)

こちらはもともとメダリオン外羽根短靴というデザインをオブリーク型で製作されました。
色もポップでとても可愛い印象的な靴になっています。






009 (5)

こちらはレザースニーカーに唐草の生地を使って独特なデザインにしておられます。
紐通しがこのように変わることで印象が全く違い個性が爆発してますね!








009 (2)

こちらは分厚い革を使ってシンプルながら踵部の切り替えによっていい味がでているデザインです。
プレゼントにされたようでとても素敵なお話を伺うことができました!







001 (5)

ヌメ革の紐通しに大きめのハトメをつけることで非常に可愛いデザインになっております。
紐の結び目がいいアクセントになっています。踵の大きめのチョボも素敵です。








こちらは非常に珍しいブーツの2WAYのデザインです。
折ることでミドルカットのブーツになり、伸ばすことでロングブーツになるようにデザインされました。

折った状態

001 (2)

伸ばした状態

013 (2)

ミッドソールも赤系で仕上げ全体のバランス的にもとても素敵な作品だと思います。





さらに色違いも製作されました。

折った状態

016 (2)

伸ばした状態

019 (4)

落ち着いた色を使うことで印象ががらりと変わりました。



教室では色違いを同時進行で2足や、お2人にプレゼントということで違うデザインを同時進行など、生徒さんそれぞれのご要望にお答えできるようにしております。



どんなことができるのかまず何でもお問い合わせいただくのがいいと思います。
できなそうなデザインでもなんとかなる!の精神で一緒に作り上げていきましょう。





生徒さんの想いが詰まった作品が、つくりてである僕の背中を押してくださるようです。
僕も負けずに頑張ります。

またこの生徒さんの作品集をお楽しみに!
























このページのトップヘ