「靴を作るが靴職人と呼ばれるのはちょっと・・・」つくりて野島と新人マキコのブログ

京都の手作り靴工房「吉靴房」で毎日手作りで靴を作る日々。 そして靴以外にも好きなものがあり、製作の合間の出来事も赤裸々に綴っていきます。 基本的にインドアなので、漫画、ゲーム、歴史、科学などなど。 靴作りと好きなことを中心に毎日更新します。 このブログは靴のつくりて野島とこれから初めて靴作りを学ぶ新人マキコの2人でお届けします。

タグ:月型

------------------------------------------------------------
『お知らせ』
現在のオーダーメイド完成予定時期は
2022年1月末完成、2022年2月初旬お届け予定となっております。
どうぞよろしくお願いいたします。

オーダー方法についてはこちらをご覧くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/cat_323072.html


靴磨きも承っております。是非ご利用くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22615170.html
------------------------------------------------------------


こんばんは。野島です。

吉靴房では靴の定義を「爪先、踵、ふまず部に芯があり、足全体を包み歩行に使う道具」であるとしています。

その踵部分の芯を月型と言います。
英語ではカウンターと言います。

両方とも見た目から付けられた名前です。

IMG_2650

吉靴房では形の違うヌメ革の漉き落とし革を貼り合わせて手作りしています。

段差があってはいけないので端を薄く漉いて貼り合わせます。

IMG_2654

IMG_2652

革は色々な硬さや厚みがあるので、厚みを均一にするためにも部位によって微妙に設定を変えながら漉いています。

ちょっとしたことなのですが、このような気遣いで履き心地がより良くなると思っています。

漉き落とし革を使うのは、素材をなるべく全て使い切るためでもあります。

今回のブログは月型についてでした。
英語ではカウンターバーのテーブルのような形からカウンターと呼ばれますが、三日月を連想した月型という名前が好きです。

それではまた明日。

------------------------------------------------------------------------
革靴製作教室生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、音楽、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/15633049.html

実践革靴製作専門習得コースも立ち上げました。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22840528.html


075-414-0121
nojima@kikkabo.jp

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------

-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------


こんばんは。野島です。


最近の京都は天気が安定せず、降ったり止んだりの日が続きますがお越しいただいたお客様本当にありがとうございました。

午前中に教室をやって、午後は接客と釣り込み準備、続きをスタッフに任せて夜稽古にいって、戻ってから深夜に仮釣りを始めました。



IMG_8014

画像は乗せ甲をした状態です。いろいろな足の形に合わせています。


IMG_8017

IMG_8016

月型(踵芯)を入れて糊を塗って準備完了。これはいつもスタッフが進めてくれます。
もう長年の付き合いなので、僕がやって欲しいことを暗黙の了解で進めてもらえるのでありがたいです。




微妙に暖かく湿度が高い日だったので、稽古は夏のように汗をかきましたが怪我も無く無事工房に戻り、続きをしました。




月型は濡らして甲革と裏革の間に挿入します。
これは濡れていた方がより靴型に密着し、密着した状態で乾くことで芯材としての機能が有効に働くからです。





というわけで絶対に今日中に仮釣りをしないといけなかったのですね。



スタッフがいい感じに僕をスパルタで使ってくれるので、それに応えるように仕事をしています。(笑)


IMG_8019

IMG_8020


今月は珍しい特注が比較的多い月なので神経を使いますが頑張って進めたいと思います。



それではまた明日。



-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------------------
革靴製作教室生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

075-414-0121
nojima@kikkabo.jp

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------




















こんばんは。野島です。


昨日少し遅れてしまったスリッパが無事ほぼ完成しました。

IMG_8006

ほぼというのは仕上げ材をまだ塗っていないからです。
月末に靴の仕上げとともに進めようと思っています。



先日爪籠内型の話をブログで書きました。
爪籠内型は一体型のアウトドアブーツに使うタイプのソールを装着しています。


積み上げヒールと違い、ソールを作ったら貼るだけのような感じなのでわかりにくいですが、ソールをポンと貼れるように下ごしらえが重要です。



IMG_7997

吉靴房の足袋型の靴型は土踏まずを支えるように出来ている為、そのままだと一体型のソールが変形してしまいます。



IMG_7998


画像のように中底に革を貼ってフラットに近くなるように加工してから釣り込みます。



IMG_8004

包丁で高さと厚みを整えて一体型のソールを貼りやすいようにしました。


中底の切り回しはこの後綺麗に仕上げました。






これ以外に、今回ちょっと珍しいですが、爪先と踵部分の両方を伸ばすというタイプのお客様がいらっしゃったので、その靴型の加工も進めています。


IMG_8005

ヌメ革を濡らして隙間が無いように靴型に貼り付け、乾いたら革包丁で整えます。

履き心地に直結する部分なので慎重に進めたいと思います。




IMG_8007

後は踵部分の芯である月型の加工です。

今日は厚めの漉き落としの革を漉きました。明日にでも貼り合せて月形にして使います。





いろいろ作業がありますが、常に新しい発見があり常にアップデートしながら進められるように頑張ります。




雨も多いし、夜は冷えるようになってきたので体調にも気をつけて仕事をしたいと思います。



それではまた明日。



------------------------------------------------------------------------
革靴製作教室生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

075-414-0121
nojima@kikkabo.jp

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------


-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------

































こんばんは。野島です。


今日は用事で区役所に行ったのですが、3月の激込みの時期でした!
予定より大幅に時間がかかってしまい、書類2枚に1時間以上の待ち時間・・・
遅れを取り戻すために少し急ぎながら作業しました。



改装は自分では難しい箇所をプロにやっていただき、部屋の中から外が見えていた箇所と、床の危ない部分を修復してもらいました。

FullSizeRender

流石大工さんは手順も仕上がりもすばらしい。プロはどの職業も美しいです。
感激しました。展示に向けて更に進めて行きたいと思います。






今日は芯材の工程。


爪先用の芯である先芯を進めたり月型という踵芯をまとめました。
IMG_6108



以前は多くを革先芯で製作していましたが、どうしても思ったとおりの硬さにならなかったので、一部のデザインをのぞき専用の芯材を使うようにしています。




溶剤を塗っていったん柔らかくし、乾くと強度と硬さが出る優れものです。






IMG_6107


作業風景をマキコさんに撮ってもらいました。


IMG_6106



IMG_6105



この作業もワニを使って進めていきます。
溶剤の都合上あまり時間をかけられないですし、乾かす時間も必要なので、深夜に進めます。



IMG_6104


IMG_6103

今日は15足進めました。

いつの間にかマキコさんがタイムを測っていたのですが、片足1分未満ほどでサクサク進めます。
足袋型はいつも通り2倍の作業量ですが、これももちろん丁寧にすばやく。


プロとアマチュアの違いのひとつは正確性と速さにあると思うので、常により早くより正確に。
見えない部分こそ丁寧に。


常に頭において製作していきます。







明日からはDIYも佳境に差し掛かるので、それを進めつつ、作業も甲革の釣り込み、そして底付けをスタートしていきたいと思います。











こんばんは。野島です。



今月分のアッパー(製甲)が仕上がってきたので、今日は月型(踵芯)を作りました。


IMG_6059


IMG_6062


IMG_6064


こちらは月型です。
ヌメ革の落としを使って厚みを調節して踵の芯にしています。
革はもともとかなり厚みがあり、ヌメ革は5mmほどの厚みがあります。

それを1.2mmであったり、2.5mmであったり、3.5mmと使う厚みに革漉き屋さんに漉いてもらいます。
残った部分を落としといいます。

IMG_6084

なるべく捨てるものを極力減らしたいと思っているので、こういう工程も大事にしています。


インスタグラムで短い動画ですが、作ってるところも見られます。
https://www.instagram.com/p/BDXk6nbv4EH/?utm_source=ig_web_copy_link







さて今日は午前中に以前から伺いたかった「たばた絞り」さんに行ってきました。
同世代であり、SOU・SOUさんとお取引させていただいているご縁があるのでとても楽しい時間をいただきました。

IMG_6077



IMG_6072

シンプルな作業場で、僕が見てはいけない企画書があったりしましたがパシャリ。



IMG_6078

IMG_6079

外には水道の配管などもご自身で手がけられた染めの仕事場もあります。


IMG_6081

どこも綺麗に整頓されていて素敵でした。
うちと全然違う!もっと綺麗にするようにがんばります。




そしてもはや名物になっている場所。
玄関から入って階段を覗くと・・・・・








IMG_6073



IMG_6076


京都が生んだロックな壁画絵師キーヤンさんの絵が!
とてつもないど迫力でした。いいな~




キーヤンさんはまだお会いしたことがないですが、いずれご挨拶したいと思っています。




この階段の絵はとても素敵なエピソードがあり感動しました。



とても楽しい時間だったので、あっという間に一時間以上が過ぎてしまい、慌てて仕事に戻るため帰りましたが、また時間を見つけて伺いたいです。


革作家5人展「楽しいシコウ」も見に来てくださるということでまたお会いできる日を楽しみにしております。













このページのトップヘ