「靴を作るが靴職人と呼ばれるのはちょっと・・・」つくりて野島と新人マキコのブログ

京都の手作り靴工房「吉靴房」で毎日手作りで靴を作る日々。 そして靴以外にも好きなものがあり、製作の合間の出来事も赤裸々に綴っていきます。 基本的にインドアなので、漫画、ゲーム、歴史、科学などなど。 靴作りと好きなことを中心に毎日更新します。 このブログは靴のつくりて野島とこれから初めて靴作りを学ぶ新人マキコの2人でお届けします。

タグ:新海誠

------------------------------------------------------------
『お知らせ』
現在のオーダーメイド完成予定時期は
6月末完成、7月初旬お届け予定となっております。
どうぞよろしくお願いいたします。

オーダー方法についてはこちらをご覧くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/cat_323072.html


靴磨きも承っております。是非ご利用くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22615170.html
------------------------------------------------------------

こんばんは。野島です。

1月3日21時から新海誠監督作品「天気の子」が地上波でノーカット初放送されました。
DVDを持っている僕は既に30回ほど観ていると思いますが、今回気になったのは

「新海誠監督監修特別エンディング」です!


RADWINPSの名曲「大丈夫」と共に素晴らしいエンディングが追加されました。


以下追加エンディングの台詞になります。





  世界はあっという間に変わってしまった

  もう
  元の世界に戻ることはないかもしれない

  それでも

  僕らは




  この世界で生きていく

  生きていくしかない




  だからせめて

  食べて

  笑って

  恋をして

  泣いて

  怒って

  喧嘩して

  それでも

  ただ一瞬でも多く笑い合って

  その瞬間を愛おしく思えたら




  大丈夫




  僕達は

  僕達の世界をきっと

  乗り越えていける




いかがでしたでしょうか。

リアルタイムで観れた人はラッキーでしたね。
素晴らしいメッセージで背中にぞわぞわ鳥肌が立ちました。


僕はお客様に靴をお渡しした時に履いてもらい、「ぴったりです」とか「いい感じです」などの言葉と共にこぼれ出る笑顔に心から嬉しい気持ちでいっぱいになります。

少しでも多くの方にこの笑顔を出していただくために必死で頑張ろうと思います。





新海監督は現在手がけられているそうです。

楽しみです!




それではまた明日。



------------------------------------------------------------------------
革靴製作教室生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、音楽、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/15633049.html

実践革靴製作専門習得コースも立ち上げました。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22840528.html


075-414-0121
nojima@kikkabo.jp

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------


-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------









こんばんは。野島です。



天気の子

7月19日から新海誠監督作品の最新作「天気の子」が上映されます。



彼の作品の大ファンなので、まず間違いなく観にいくと思います。







待ちきれないので、久しぶりに2013年に発表された「言の葉の庭」をHuluで観ました。
靴職人を目指す高校生のお話があるよと知人に教えてもらったのがきっかけでした。





最初は漫画を買って読んだと思います。
素敵な作品だなと思いその後WOWOWで作品を観ました。






15歳の靴職人を目指す高校生が、ある雨の日に年上の女性と出会う。雨の日の公園のベンチで少しずつ打ち解ける2人。そんなシチュエーションから物語が始まります。





IMG_6462

新海監督の作品は「新海ワールド」と称される風景描写の緻密さが本当に素晴らしく、この作品は「雨は3人目のキャラクターといっていいくらいウエイトがある」とご本人が話していたほど、雨のそして水の描写が美しいです。




IMG_6463

その他、光の描写なども必見です。




IMG_6467





主人公が描いていた靴のデザイン画は自分でも似たようなことをするので、覗かれたときの反応やステッチの描き方など共感できることが多かったです。
なぜこの作品に協力できなかったのかと悔やまれるほどです。





IMG_6465

IMG_6464




作中に登場するHand made SHOESという本は僕も修行時代に買ってずっと読んでいました。靴の作り手さんはみんな持っているのではと思うほど有名な本です。

IMG_6461




かすかな恋心を持ちながら足を採寸するシーンはぎこちなさと気恥ずかしさが丁寧に描かれていると思いました。




IMG_6468







45分ほどの短い作品なのですが、ラストシーンは必見。普段は感情を表にあまり出さなかった2人の気持ちをぶつけ合うシーンで僕は毎回涙がでます。まだご覧になってない方はぜひぜひ。






新海監督の作品はキャラクターの心の揺れを見事に表現していると思います。しかもほんの少しの揺らぎを風景描写や足元や目線や表情で表現されています。

だからこそ大きな揺れの場面でグッときました。というかもう5回以上観ているのに毎回泣けます。










「君の名は。」はDVDを買ってかれこれ10回以上観たのではと思うので、「天気の子」もとても楽しみです。また今度「君の名は。」について書きたいと思います。

























こんばんは。野島です。



映画キングダム観に行ってきました!
今回の映画で僕が製作した履物は2足でした。

履物は映画の構成上意識していないとわからない部分ですが、ちょこっと映るだけでもテンションがあがりました。映画も原作を知っている人もそうでない人も楽しめるエンターテイメント作品だと思います。素晴らしい出来栄えでした。





それと不意をつかれて超びっくりしたのですが、映画の中で序盤に少しだけ出てきた盗賊の中になんと吉靴房のお客様が出演されていました!
出てきたとき役柄が眼帯をされていたので、あれ??あれ??今の人あの人だよな~、あれ~?と思って声が出そうになり、声出しちゃったかと思いキョロキョロしてしまいました。(笑)




セットも音楽も効果音も素晴らしく、いつもスタッフに言っていることですが、「作り手側はどんな些細なことも意味を持って作る」というのを体現していると思いました。
大きな物から細部に至るまで重厚にできていました。



機会があれば製作に関わった人とお話してみたいなあ。
関わる機会をいただいてSOU・SOUさんに本当に感謝しております。ありがとうございました。








今日は久しぶりに映画館に行ったのですが、大好きな新海誠監督の新作「天気の子」が7月に上映されるようです。「言の葉の庭」で知った監督ですが、全作品を観ていますし、これは是非とも観にいかなければ!








このページのトップヘ