「靴を作るが靴職人と呼ばれるのはちょっと・・・」つくりて野島と新人マキコのブログ

京都の手作り靴工房「吉靴房」で毎日手作りで靴を作る日々。 そして靴以外にも好きなものがあり、製作の合間の出来事も赤裸々に綴っていきます。 基本的にインドアなので、漫画、ゲーム、歴史、科学などなど。 靴作りと好きなことを中心に毎日更新します。 このブログは靴のつくりて野島とこれから初めて靴作りを学ぶ新人マキコの2人でお届けします。

タグ:圧着

------------------------------------------------------------
『お知らせ』
現在のオーダーメイド完成予定時期は
7月末完成、8月初旬お届け予定となっております。
どうぞよろしくお願いいたします。

オーダー方法についてはこちらをご覧くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/cat_323072.html


靴磨きも承っております。是非ご利用くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22615170.html
------------------------------------------------------------

こんばんは。野島です。


ずっと圧着機の可能性を考えながらもなかなか思いつかなかったのですが、やっと思いつきました。

コロンブスの卵とはよく言ったもので、思いついてしまえばなんてことないのですが、積み上げヒールの圧着にうまいこと使えるようになりました。


IMG_0407

圧着する時に靴の場合は靴型があるので全く問題ないのですが、その他のものを圧着できないかと考えて、積み上げヒールで使えるようになりました。


硬いもので挟み込むことで全体に圧力がかけられるようになったので、今後は少し手順を減らすことができそうです。




さて表題の「mecelo」

芸術家支援プラットフォームということで芸術家会員にエントリーさせていただきました。





厳正な審査があるということでかなり緊張していましたが、ありがたいことに無事通過いたしました。



今後はいろいろなパートナープランを開設していきます。
進捗はまたこのブログで発表させていただきます。




それではまた明日。




------------------------------------------------------------------------
革靴製作教室生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、音楽、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/15633049.html

実践革靴製作専門習得コースも立ち上げました。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22840528.html


075-414-0121
nojima@kikkabo.jp

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------


-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------



-------------------------------------------------------------------------------
4月17日~代官山ぎゃらりー無垢里
上記日程で予定していた個展は新型コロナウイルスの影響により
延期させていただくことといたしました。
ご予定くださった方には大変申し訳ございませんが、
次回開催予定は6月26日(金)~6月30日(火)となります。
どうぞよろしくお願いいたします。
-------------------------------------------------------------------------------























こんばんは。野島です。


昨日釣り込みと釣り込みシロのバフと中物を詰めたので、今日は積み上げヒールを貼っていきました。


IMG_7559

積み上げヒールは文字通り革の一枚ずつ積んで作るヒールのことで、手製靴では一般的な製作手法です。

靴型によって厚みの違う革を使って製作します。


IMG_7560


革を貼り合せて靴に貼ったら圧着します。

以前は自転車のゴムチューブを巻いて一晩置くというようなやり方をしていましたが、今は靴専用の圧着機を使っています。


コンプレッサーを使ってエアーの力で圧力を掛ける方法です。


IMG_7561

10年以上使っていた圧着機が水分の浸食(空気を圧縮するときに発生する副産物的な水)によって穴が開いてしまったので新調したのですが、新しい機械はいいです!


コンプレッサーはエアーを溜める時の騒音が一番のネックなのですが、新しいものは驚くほど音が小さくなってました。

メーカー時代からコンプレッサーはうるさいモノと決め付けていたので違いに驚きです。



これで深夜も作業がはかどります!


IMG_7562

IMG_7563

用意したものは全部貼り終えました。

明日は高さを整えてトップリフトという滑り止めのゴムを貼り、仕上げにかかります。



道具はなるべく長く使う。材料はなるべく無駄にしないをモットーに仕事をしているので、新調した時は結構驚きます。時代にいつも遅れ気味な私。頑張って手作業を貫いていこうと思います!

















こんばんは。野島です。



引き続き新作を進めています。今日は製甲、釣り込み、底付けまで進めました。


IMG_6486

最初のサンプルは片足のみ。左足を作ります。日本では一般的に型紙やサンプルを左足で作ることが多いですが、本場ヨーロッパでは右足が主流のようです。詳しくはわかりませんが、いろんな細かい違いがあるものですね。
和傘と洋傘も骨の出方が反対だし面白いものです。
上の写真は裁断をして漉きをし、折込芯を貼る為の線を書いたところです。



IMG_6489

力のかかる必要箇所に補強テープを貼ります。
写真は履き口部分の折込をしたあとになります。

そういえば関東では折込(おりこみ)といいますが、関西では呼び名が違うそうです。忘れてしまったのでまた思い出したらどこかで書きますね。






IMG_6490

裏革を貼りあわせたところです。裏革はミシンをかけた後に余分な革をさらうので5mmほど出して貼りあわせます。



IMG_6493

上げミシンをかけたところです。履き口のミシンは目立つので注意が必要です。ミシンは自分としては苦手な作業で人に見せれるようになるのに一番時間が掛かった作業です。今でも苦手意識があるのでとても気をつかいます。




IMG_6495

踵部分に月型芯を入れて、釣り込み開始。



IMG_6496

こんな具合になりました。
ちょっと修正箇所や検討すべき部分が見つかったので、今後に活かしたいと思います。





IMG_6499

癖付けしてあった革底にゴム底を貼って本体と接着し、圧着します。




IMG_6501

後はヒールというところまで進みました。



ここまでくると早く仕上げて履いてもらいたくなりますが、今日はここまで。


ヒールがつくとまた印象ががらりと変わりますのでお楽しみに。
引き続きがんばります!























このページのトップヘ