「靴を作るが靴職人と呼ばれるのはちょっと・・・」つくりて野島と新人マキコのブログ

京都の手作り靴工房「吉靴房」で毎日手作りで靴を作る日々。 そして靴以外にも好きなものがあり、製作の合間の出来事も赤裸々に綴っていきます。 基本的にインドアなので、漫画、ゲーム、歴史、科学などなど。 靴作りと好きなことを中心に毎日更新します。 このブログは靴のつくりて野島とこれから初めて靴作りを学ぶ新人マキコの2人でお届けします。

タグ:単皮

こんばんは。野島です。


現状できる限りのことをして、4.5cmヒールの踵単皮が完成しました。

まだヒールデザインの名前、総称というべきものが決まっていませんが、候補はあるので、近々発表できると思います。




IMG_6898


IMG_6900


以前婦人靴メーカーに勤めていた経験をフル投入して完成させることができました。鍛え上げてくださった先輩方、職人さん方に感謝しています。
浅草で勤めていたメーカーとお取引があった各種材料屋さんにも大変お世話になりました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

036


こちらは踵単皮です。
新作の方はいろいろ考えた結果、今回は踏みつけ踵部分を無しにしてみました。これはご要望がありましたらお付けできます。
画像で比べるとわかると思いますが、ヒールタイプの方が若干浅くしました。
並べないとわからないくらいにしたつもりです。

デザインバランスと履き心地を考慮した結果これがベストと思う深さにしました。




IMG_6901


IMG_6902

ひとまずスタッフの宇都宮にモデルをしてもらいましたが、また写真は取り直す予定です。
SOU・SOUのスタッフさんに是非とも協力していただきたい!



お着物にも合わせたいですね。着物でお越し頂いたお客様にお願いすることもあると思います。気が向いたらOKしてくださると喜びます。よろしくお願いいたします。










今日は教室でも足袋型が完成しました。
単皮の濡羽色単色です。

IMG_6911

もう何足も足袋型で製作されている生徒さんで、素晴らしい出来栄えです。
今日の教室でも話しましたが、釣り込みのセンスがとても良い方です。今後も楽しみです!


























今日は単皮(たび)の解説をしたいと思います。
こんばんは。野島です。




この商品は2011年京都デザイン賞SOU・SOUさんとのダブルネーム作品として出展し、入選いたしました。
当時まだまだ足袋の革靴なんて誰が買うの??なんてコメントをたくさんもらっていた頃だったので、入選という栄誉をいただきとても嬉しかったことを覚えています。




胡粉色
kichitabi00単皮 白



この靴に「単皮」と名付けたのは
①足袋型であること
②革製であること
③靴の基本要素を備えていること
以上の理由からです。





日本だからこそ誕生すべきデザインは何かと考えたとき、地下足袋と革靴を融合させることでこれまでになかった形が出来上がりました。


濡羽色
P4308098



靴の定義をあえて語れば、足を包む形で歩行に使う道具であり、靴底を備えていること。
爪先と踵と踏まず部に芯が入っているものを言います。
その中で最もフォーマルなものは黒の内羽根と呼ばれる短靴です。





足袋とは草履、下駄、雪駄などを履く際に用いるため、親指と人差し指で袋が二つに分かれているものを言います。

今では布製がほとんどですが、江戸時代初期までは革製が主でした。
「皮足袋」は武士を中心に合戦や鷹狩りなどに履かれていましたが、戦乱が収まるにつれて平時でも着用されるようになりました。


布製の普及で姿を消してしまいましたが、革靴屋こそが「革足袋」を作るべきだと思い製作しました。





029


紐通し部分は五枚丈のところでも解説したわらじから着想を得た形状をしています。






靴の一番基本型といえる内羽根短靴と足袋の要素を兼ね備えたこの作品は、
伝統に新しい正装を提案したいという僕の出すぎた行為の第一歩というべきデザインです。






039




P1030657





おまけ


足袋を調べてみると、文献上平安時代から見ることができます。
その漢字は

「単皮」
「多鼻」
「旅」
「踏皮」
「足袋」

とたくさんあります。




日本人にとって身近で大切なモノであるとあらためて感じました。













いかがでしたでしょうか。
多鼻と書いた人はなかなか面白い発想を持ってるなと思いました。


是非一度「単皮」お試しください。


このページのトップヘ