「靴を作るが靴職人と呼ばれるのはちょっと・・・」つくりて野島と新人マキコのブログ

京都の手作り靴工房「吉靴房」で毎日手作りで靴を作る日々。 そして靴以外にも好きなものがあり、製作の合間の出来事も赤裸々に綴っていきます。 基本的にインドアなので、漫画、ゲーム、歴史、科学などなど。 靴作りと好きなことを中心に毎日更新します。 このブログは靴のつくりて野島とこれから初めて靴作りを学ぶ新人マキコの2人でお届けします。

タグ:修理

こんばんは。野島です。


靴のお直しの依頼は毎月いろいろあって、なるべくお客様に依頼して良かったと思っていただけるように努力します。

たくさん履いていただくというのは、それだけこの履物に愛情をかけていただいていることと同義だと思うからです。


その愛にもいろいろあるので、時にはとんでもない状況になっている靴もご依頼いただきます。




IMG_8198


今回は非常に履き込んだ状態のお直しのご依頼がありました。
どのくらいかというと画像ではわかりにくいですが、



IMG_8196

底の穴が完全に貫通して、シャンクやバネと呼ばれる踏まず芯が飛び出ている状態です。

甲の糸や踵部分の裏革もボロボロになっています。




IMG_8197



正直いうと、ここまでの状態になる前にお手入れやお直しのご依頼をいただける方が靴にもお客様にも良いのですが、ご依頼いただいた以上完璧に直してみせます。



今日はソールもさることながら本体も全てバラシました。

IMG_8201

熱を使って丁寧に剥がすと中底や本体は綺麗なままバラスことができます。


ちょうど革下駄のオールソールのご依頼も頂いたので、革下駄は糸を切り、ソールを剥がしました。


IMG_8200



IMG_8202




オールソール貼り替えは頻繁にやりますが、完全に分解するのは数年に一度のご依頼です。
ご満足いただけるよう頑張ります!



それではまた明日。


『営業お休みのお知らせ』

11月10日(日)と12月8日(日)に吉靴房の営業をお休みさせていただきます。
11月10日は奈良今西家書院「凛」に出展。
12月8日は関東に臨時出張によるお休みです。

急なお知らせになってしまい申し訳ありませんがどうぞよろしくお願いします。

年末年始は12月30日から1月3日までお休みで、1月4日から営業開始の予定です。
こちらもどうぞよろしくお願いします。


------------------------------------------------------------------------
革靴製作教室生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

075-414-0121
nojima@kikkabo.jp

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------


-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------



















こんばんは。野島です。


吉靴房の革靴製作教室では生徒さん自身が製作され、たくさん履かれてお直しをご自身でされるというケースもあります。


今回ご紹介するのは革下駄のお直しをされた生徒さんの作品です。




IMG_8178


鼻緒が伸びて緩んだとのことで、ソール関係も痛んでいたことからソールを全部貼りかえるオールソール交換をしつつ鼻緒の締めなおしをされました。



ソールを剥がすには熱を使い、ちょっとしたコツが要ります。
そのあたりも試行錯誤しながら見事お直しを完成されました。素晴らしい!



IMG_8180

実は革下駄は一度オールソールをしてからが本番です。



ヌメ革メインで出来ているので、どうしても鼻緒が伸びます。
これは大変申し訳ないのですが、こちらでなるべく伸びないように一度引っ張って伸ばして製作してもどうしても伸びます。どうかご容赦くださいませ。


それほど歩くというのは履物に連続的な負荷をかけ続ける行動です。


その歩行をし続けた後にオールソール交換をすることで、鼻緒の伸びがほぼ無くなります。
鼻緒を締める時に歩行の癖で負担がかかっている部分を確認し補強も可能です。


そういった意味でオールソール後が本番となります。



是非長く楽しく革下駄とお付き合いいただければと思います。










西宮阪急の催事が本日終了しました。
お越しいただいたお客様本当にありがとうございました。



終盤にヌメの籠を製作したのですが、こんな感じになりました。

IMG_8187


IMG_8188



今回は以前紹介した革の栞を立てて収納する為に製作したので長方形で深さも7cmほどにしています。


IMG_8186

袋に入れて収納した栞はこのようになりました。

これでレコードをジャケ買いするようにお気に入りの栞を探していただけると思います。



展示に持っていくようにするので是非ご覧くださいませ。





『営業お休みのお知らせ』

11月10日(日)と12月8日(日)に吉靴房の営業をお休みさせていただきます。
11月10日は奈良今西家書院「凛」に出展。
12月8日は関東に臨時出張によるお休みです。

急なお知らせになってしまい申し訳ありませんがどうぞよろしくお願いします。

年末年始は12月30日から1月3日までお休みで、1月4日から営業開始の予定です。
こちらもどうぞよろしくお願いします。


それではまた明日。



------------------------------------------------------------------------
革靴製作教室生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

075-414-0121
nojima@kikkabo.jp

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------




-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------





























こんばんは。野島です。


今日は打ち合わせが2件あり、とても面白いご依頼をいただきました。
年内にはお知らせできると思います。


お直しのご依頼でちょっと珍しい案件がありました。
以前ご注文いただいた「ふうかけ」が外反母趾の影響でどうしても痛いとのことで、その当たって痛い部分をくり抜いて欲しいとのご依頼です。



P6209722


ふうかけは分厚いヌメ革を使ったサンダルで、履くほどにいい味が出てくる商品です。
この親指付け根部分に穴を開けるということをしました。




IMG_7965


お客様にご来店いただいたときにちょうど当たる部分を測り、やや大きめに穴を開けました。
完成品に穴を開けるというのは非常に珍しいことなので、めちゃくちゃ緊張しました。


分厚いヌメ革を使っているので、くり抜いた部分を面取りし、当たり方をソフトになるようにもしております。


IMG_7966



IMG_7964


たくさん履いていただいていたようで、切れ掛かっている場所があったので補強しました。


これでまたたくさん使っていただければ嬉しいです。

今回足が痛くなってしまうというご迷惑をおかけして申し訳ない気持ちですが、少しでもより良くなるように出来る限りのことをさせていただきますので、気になることなどございましたら遠慮なくお申し出くださいませ。







IMG_7967


IMG_7968

革下駄飛脚型やじょんじょんの底付け。
他ブランドさんの靴底の剥がれの補修などいろいろな作業をしましたが、月の中盤になってきたのでもう少しペースを上げていこうと思います。




それではまた明日。





-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------------------
革靴製作教室生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

075-414-0121
nojima@kikkabo.jp

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------

こんばんは。野島です。


工房を今の場所にしてかれこれ10年ほどになりますが、さすがに10年ほど経つと奥の方から数年ぶりに日のあたる場所に出てくるものがあったりします。

何年も前にしまってそれから出てこなかったものとか、整理したつもりで忘れてしまったものとかですね。
昨日はそんな隠れていたものを引っ張り出したり片付けたりしました。

いろいろある意味新しい発見というか収穫がありました。
片付けは永遠のテーマですが、今後も続けていきたいです。




IMG_7902

IMG_7905


さて作業の方は順調に進んでいます。

IMG_7904



型紙を作ったり、線を引いたり、裁断したり、

IMG_7907

特注を作ったり、修理を進めたり、急ぎの商品を進めたりいろいろ絡めながら効率良くできるように進めます。


IMG_7909

特に特注品はだいたい一品ものでちょっと変わった仕様なので、普段からオーダーメイドという失敗が許されない仕事をしていますが、さらに気を使います。



今回の特注はNHKのある番組で使用していただく予定です。
また時期がきたらこのブログで紹介させていただきますね。


今月はいつもより進みが早いですが、月末から西宮阪急での催事を控えておりますので、油断できません。

日常業務をこなしつつ、お客様に胸を張って商品をお届けできるよう頭から指先までフルに使って頑張ります。



余談というかお知らせですが、今まで革の端材を販売したことがなかったのですが、ご要望がちょくちょくあるので、工房の入り口でお得に思っていただけるような販売をしようと思います。


具体的には一袋300円~500円の革の詰め合わせ的なものを工房の入り口に設置して販売しようかと。
さすがに無人販売はしないですが、外に出しておくので一声かけていただければと思います。



ではまた明日。



-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------------------
革靴製作教室生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

075-414-0121
nojima@kikkabo.jp

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------





















こんばんは。野島です。


月初は修理のご依頼分を手がけます。
毎月2~10足ほど、踵部分(トップリフト)の交換やソール交換、糸のほつれや、全体の仕上げなおしなど様々です。


IMG_7612

毎年9月はたくさん履いていただいた革下駄の修繕が多いですね。

靴は中敷を剥がし、靴型を入れてからソールやトップリフトを剥がします。



IMG_7613

靴用のソールは電熱器で温めると剥がしやすくなります。
といっても結構な力とコツがいる作業なので、お直しは是非プロにお任せください。





吉靴房のお直し価格(税抜き)は

 トップリフト交換  3,500円~
 オールソール交換 11,000円~
 甲のステッチ修繕  2,000円~

という感じです。
靴を拝見してからお見積もりをご連絡してから取り掛かります。


町の修理屋さんでもできることがあるのですが、吉靴房に直接お直しをご依頼いただければ、仕上げ直し、必要な場合には中敷の交換、簡単なステッチ修繕は全て無料サービスとなっております。


見違えるように綺麗になりますので、是非一度ご依頼くださいませ。



明日は初めての人間ドックの予定です。
元々体は弱いほうだったのですが、ありがたいことに今まで大きな病気や怪我がなかったので、胃カメラなどの経験がありませんでした。

超ビビッてますが、恐る恐る行ってきます!




















このページのトップヘ