「靴を作るが靴職人と呼ばれるのはちょっと・・・」つくりて野島と新人マキコのブログ

京都の手作り靴工房「吉靴房」で毎日手作りで靴を作る日々。 そして靴以外にも好きなものがあり、製作の合間の出来事も赤裸々に綴っていきます。 基本的にインドアなので、漫画、ゲーム、歴史、科学などなど。 靴作りと好きなことを中心に毎日更新します。 このブログは靴のつくりて野島とこれから初めて靴作りを学ぶ新人マキコの2人でお届けします。

タグ:作業


------------------------------------------------------------
『お知らせ』
現在のオーダーメイド完成予定時期は
7月末完成、8月初旬お届け予定となっております。
どうぞよろしくお願いいたします。

オーダー方法についてはこちらをご覧くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/cat_323072.html


靴磨きも承っております。是非ご利用くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22615170.html
------------------------------------------------------------


こんばんはー!











最近寝落ち率が高めですね
朝の更新に間に合っていません
ごめんなさい( ̄∀ ̄;)












今日の更新分として

今現在の作業風景をと思いまして(*´ω`)










野島さんは

IMG_1533




爪掛の甲ベルトを取り付けています














私は

IMG_1535




ミッドソールの本裁ち中です


裁断面がガタガタですね
お恥ずかしい…



昨日の失敗をふまえ
線の内側ギリギリを狙って裁断です!






IMG_1536


裁断待ちのミッドソール











BGM代わりに流しているのは


IMG_1534




ワンピース(*´艸`)












今観ているところは戦闘シーン多めなので
それほど支障はないのですが


いわゆる名場面が流れると
つい見入ってしまい手が止まります(´・ω・`;)


どうしたもんかな…。笑













これから
ゴーイングメリー号とのお別れの場面です

手を止めないように頑張ろう!

















それではまた明日(*´ω`)













------------------------------------------------------------------------
革靴製作教室生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、音楽、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/15633049.html

実践革靴製作専門習得コースも立ち上げました。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22840528.html


075-414-0121
nojima@kikkabo.jp

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------


-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------




DESIGN WEEK KYOTOとは


京都をよりクリエイティブな街に
そんな思いを持った京都の有志が集まり、「DESIGN WEEK KYOTO」をスタートしました。私たちが考える「Design」とは、「de + sign」、つまり、現在目の前に見えていること(sign)から視点や思考を離す(de)ことで、本質を見つめ直し、時代に合った新たな物事の創出に繋げていこう、という意味合いを込めています。
DESIGN WEEK KYOTOでは、2019年2月17〜24日の1週間にわたって、京都のモノづくり現場(SITE)がオープンします。





今回吉靴房としてこのデザインウィーク京都のオープンファクトリーという企画に参加させていただくことになりました。
一言でいうと工房公開ですね。

期間中の金、土、日、月に工房公開をいたします。
普段の営業時間になるのですが、何でもご質問にお答えできるように準備しますので、是非お越しいただければと思います。

2/17(日) 14:00~17:00
2/18(月) 10:00~16:00
2/22(金) 10:00~16:00
2/23(土) 14:00~17:00
2/24(日) 14:00~17:00

以上の時間帯は工房公開時間となります。
詳しくは以下をご覧くださいませ。

http://www.designweek-kyoto.com/jp/store/detail/?id=36








実はこのデザインウィーク京都は僕自身がずっと待ち望んでいた企画でした。
吉靴房を立ち上げる際、実際に製作している現場がガラス越しにいつも見ることができるというのは、価値があるのではないだろうかという思いから、1階が工房、2階がショールームという造りにしました。



京都にきてからというもの、本当にユニークで個性的ですごい人が半径1キロでもたくさんいることに気づき、どうにか繋がりを持つことや、一緒に街を盛り上げるようなことができないだろうかと考えていました。



しかしながら言い訳ではありますが、なかなか普段の作業が忙しく、しかも所謂コミュ症である僕にはいろんな方と繋がりを作っていくことが非常にハードルが高く、誰かまとめて引き受けてくれないかななんて甘い考えを持ったまま10年以上が経過しました。




吉靴房での仕事が10年を越えた頃、今までと少しでも違う目標を持って動くようにしようと心に決め、いろんな人と出会えるようなお話を伺ったら、できる限り顔を出すようにしていたところ、デザインウィーク京都の代表理事である北林さんを友人のライターさんに紹介していただき、今年初めて参加させていただくことになりました。






今日はその直前決起集会があり、北林さんにお礼を言ってきたところです。
北林さんには参加したいな~と思っても、実際には行動にうつさない人も多い中、参加してくれるのだからそれだけでこちらとしてはありがたいといっていただきましたが、いやいや心から感謝しています。なんせ10年以上くすぶっていた思いを、もっとすごい形で実現してくれているのだから。
もうね、感謝の正拳突きをネテロと同じ要領でこなさないといけないレベルです。




2月17日からのデザインウィーク京都、吉靴房だけではなく非常に多彩で面白い様々なものづくりの現場が見ることができますので是非お越しくださいませ!





P7226192














このページのトップヘ