「靴を作るが靴職人と呼ばれるのはちょっと・・・」つくりて野島と新人マキコのブログ

京都の手作り靴工房「吉靴房」で毎日手作りで靴を作る日々。 そして靴以外にも好きなものがあり、製作の合間の出来事も赤裸々に綴っていきます。 基本的にインドアなので、漫画、ゲーム、歴史、科学などなど。 靴作りと好きなことを中心に毎日更新します。 このブログは靴のつくりて野島とこれから初めて靴作りを学ぶ新人マキコの2人でお届けします。

タグ:サンプル製作

こんばんは。野島です。



以前少しブログに書いて、SOU・SOUさんでも紹介していただいた銀色の箔の革に続き、インパクト大な革を作りました。


その名も
「玉虫色文様箔」です。


IMG_9093

IMG_9095

人によっては気持ちわるっ!ってなりそうな迫力の総柄の箔仕様です。



本来箔加工に向く革というのがあるのですが、実は吉靴房からの特注を革屋さんが受けてくださり、本当にいいんですか??という質問もものともせず作ってもらいました。


これで今サンプルを製作中です。


銀の箔加工とともに近々販売開始できると思います。





IMG_9091

製作途中だった先丸踵単皮の型紙もできたので、こちらのサンプルも進めています。
これは普通の革で作りますよ!(笑)


IMG_9098

IMG_9097

サンプルは革の良い場所と悪い場所をミックスして作ります。
革の特性を感覚で捉える為にわざとこのような組み合わせて作ります。



早くできないかな~(笑)
小人の靴屋さんは手伝いに来てくれないのでがんばります!



それではまた明日。



------------------------------------------------------------
『お知らせ』
現在のオーダーメイド完成予定時期は
4月末完成、5月初旬お届け予定となっております。
どうぞよろしくお願いいたします。
------------------------------------------------------------


------------------------------------------------------------------------
革靴製作教室生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/15633049.html

075-414-0121
nojima@kikkabo.jp

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------



-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------

















こんばんは。野島です。


横浜髙島屋をスタッフに任せて、教室のために戻ってきたといっても過言ではないのですが、時間が決まっているサンプルの製作もしております。

細かい情報はまたいずれここで発表いたします。
なかなか難しいデザインなので、手順に苦戦して格闘中です。


日曜は教室が10時~と18時~の2クラスあるので、その合間と夜にサンプルを進めた感じです。


今日はお2人の方があと一歩で完成という場面まで進みましたがお持ち帰りいただくところまで出来ませんでした。


こういう日は、あの時こうしていたら良かったかなとか、あそこであの話をしなければもう少し早く進んだかなとか、もう少し僕が確認するべきタイミングを早めるべきだったかなと、普段以上に反省点が浮かんできます。



なるべく生徒さんに楽しんでもらえるようにいろいろな話題を常に仕入れて、靴のこと、ファッションのこと、政治のこと、歴史のこと、漫画のこと、映画のこと、DIYのこと、日常のニュースのこと、スタッフのすべらない話、科学のこと、スポーツのこと、仕事に関すること、体の使い方、音楽のこと、下ネタwなどなど様々な角度からお話できるように準備しているつもりなのですが、話した後にもっとこうすればよかったと思うことも多々あります。


生徒さんたちは僕なんかより遥かに様々なことに興味があり、実行する方々ばかりなので、勉強になることばかりです。本当にいつも刺激をたくさん頂いております。



教室では靴を作ることはもちろん、お越しいただくこと自体を楽しんでいただけるよう常に意識しながら先生業をがんばりたいと思った本日でした。












このページのトップヘ