「靴を作るが靴職人と呼ばれるのはちょっと・・・」つくりて野島と新人マキコのブログ

京都の手作り靴工房「吉靴房」で毎日手作りで靴を作る日々。 そして靴以外にも好きなものがあり、製作の合間の出来事も赤裸々に綴っていきます。 基本的にインドアなので、漫画、ゲーム、歴史、科学などなど。 靴作りと好きなことを中心に毎日更新します。 このブログは靴のつくりて野島とこれから初めて靴作りを学ぶ新人マキコの2人でお届けします。

タグ:コミュニケーション

------------------------------------------------------------
『お知らせ』
現在のオーダーメイド完成予定時期は
3月末完成、4月初旬お届け予定となっております。
どうぞよろしくお願いいたします。

オーダー方法についてはこちらをご覧くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/cat_323072.html


靴磨きも承っております。是非ご利用くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22615170.html
------------------------------------------------------------

こんばんは。野島です。


昨日は濃厚な一日でした。
午前中は釣り込みの準備、午後から展示会の打ち合わせ、その後社会保険労務士さんが来られ、更に19時からデザインウィーク京都の主催する勉強会、そして夜に残り全ての釣り込みをこなしました。

IMG_0694

新型コロナが人間社会を変革に導いているとも見る事ができると思いますが、その中で僕が大事に思っていることはコミュニケーションの在り方です。


今後の世界は地域でのコミュニケーションとオンラインのそれとが入り混じりながら、同じ方向性を向いた集まりの中に新しい物事が発生すると思っています。

江戸時代に文化が花開いたというような感覚に近いでしょうか。


遠い距離の行き来に制限がある中では鎖国的なことが発生し、その制限こそが新しい何かを生み出すきっかけになるのではと考えています。


IMG_0695

歴史を鑑みればいろいろな変化が求められることと考えられます。

柔軟に対応しながら、コミュニケーションを取りながら勉強し、この先に繋がる仕事をしていきたいと思います。


それではまた明日。


------------------------------------------------------------------------
革靴製作教室生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、音楽、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/15633049.html

実践革靴製作専門習得コースも立ち上げました。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22840528.html


075-414-0121
nojima@kikkabo.jp

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------




-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------








こんばんは。野島です。



元々僕自身コミュニケーションが非常に苦手で、実はものづくりをやろうと思ったきっかけは「作ったものを見てもらえればいいのでは?」という非常に浅はかな考えが少しありました。


少し考えればそんなことでは上手くいくはずがないことがわかるはずですが、当時の僕はその程度の人間でした。


次第に自身の手がける仕事の責任の重さを知り、期待を裏切らず、期待以上の商品を提供することの難しさと、コミュニケーションの大事さを痛感することになります。



独立して数年間本当に忙しくて、子育てもままならず子供達には本当に申し訳ない思いでいっぱいですが、、最近はやっと時間の作り方を確立でき、スタッフも頑張ってくれるおかげで色々な方と接するという目標を立てて行動することができるようになりました。




出来る限り外にでて人と接するという目標を2年前に立て、西陣サロンやデザインウィーク京都という場に参加させていただくことが出来ています。
剣道に復帰するということもその一環でした。



秋分の日には18年ぶりに試合に出場します。怪我しない程度にがんばります。



今日もデザインウィーク京都の交流会に参加しました。
毎回世界の広さというか、自分の視界の狭さを痛感し、周りのすごい人達から影響を受けております。


外に出て人と接するという目標を少しずつ実現し、新しいアイデアが形になるところまで進んできました。
今後もコミュニケーションを積極的にしながら、信頼し合える人間関係を築き前に進みたいと思います。




ではではまた明日。

















このページのトップヘ