「靴を作るが靴職人と呼ばれるのはちょっと・・・」つくりて野島と新人マキコのブログ

京都の手作り靴工房「吉靴房」で毎日手作りで靴を作る日々。 そして靴以外にも好きなものがあり、製作の合間の出来事も赤裸々に綴っていきます。 基本的にインドアなので、漫画、ゲーム、歴史、科学などなど。 靴作りと好きなことを中心に毎日更新します。 このブログは靴のつくりて野島とこれから初めて靴作りを学ぶ新人マキコの2人でお届けします。

タグ:オーダーメイド

------------------------------------------------------------
『お知らせ』

現在のオーダーメイド完成予定時期は
2022年2月末完成、2022年3月初旬お届け予定となっております。
どうぞよろしくお願いいたします。

オーダー方法についてはこちらをご覧くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/cat_323072.html


靴磨きも承っております。是非ご利用くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22615170.html
------------------------------------------------------------


こんばんは。野島です。

吉靴房には50種類以上のデザインがあり、お客様に様々なご提案ができます。

8月末完成予定のオーダーは多様なご要望をいただいておりました。

今回はそのソール部分の仕様にスポットを当てて紹介いたします。

IMG_3012

①こちらはミッドソールが革、本底がEVAという基本型です。柔らかさと軽さを重視した仕様です。

IMG_3013

②こちらはミッドソール革を赤の染料で染めた仕様です。黒に映えますね!

IMG_3014

③こちらは寸五のヒール仕様です。レザーソールと合成ゴムのコンビにぶっつけヒール。
ヒール巻きは漉き落としの革を染めています。
染まりやすい革を使うことで色褪せても復元性が高いです。

IMG_3016

④同じく寸五仕様で、レザーソールとヒール巻きを赤に染めています。合成ゴムは黒です。
比較的柔らかな赤に染まり、革の質により仕上がりに良い意味でのムラがあります。

IMG_3017
⑤こちらは差掛というデザイン専用のEVA10㎜とビブラムEVAのダブルソールになります。
比較的柔らかですが、歩行時の反発力による歩行補助が感じられます。

IMG_3015

⑥こちらは手作りウェッジソールであるぽっくり底仕様です。厚底好きな方に是非お試しいただきたいデザインです。

IMG_3018

⑦こちらはミッドソール革+10㎜EVA、さらにワークソール仕様というかなりハードな仕様です。ゴツさは吉靴房で一番だと思います。カッコいい!


さらにまだ紹介していないレザーソールシングル、ダブル。合成ゴム10㎜仕様。レッドウィングアイリッシュセッター型ソールなどお選びいただけます。


たくさんの種類を作ったので8月は工程手順など本当に苦しみましたが、自分の経験として大きなプラスとなりますし、お客様に喜んでいただけるのが素直に嬉しいです。

こんなのできないかなとイメージがある方は遠慮なくご相談くださいませ。

それではまた明日。

------------------------------------------------------------------------
革靴製作教室生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、音楽、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/15633049.html

実践革靴製作専門習得コースも立ち上げました。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22840528.html


075-414-0121
nojima@kikkabo.jp

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------



-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------




------------------------------------------------------------
『お知らせ』

現在のオーダーメイド完成予定時期は
2022年2月末完成、2022年3月初旬お届け予定となっております。
どうぞよろしくお願いいたします。

オーダー方法についてはこちらをご覧くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/cat_323072.html


靴磨きも承っております。是非ご利用くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22615170.html
------------------------------------------------------------


こんばんは。野島です。

今月も仕上がりが楽しみなご注文が沢山あります。

IMG_2988


黒の本体に赤のステッチを施した五枚丈。

IMG_2987


ブラウンの五枚丈。

IMG_2986

鉛色のプレーン内羽根。


その他にもミッドソールを厚くしてさらにワークソール仕様やぽっくり底仕様など難しいオーダーてんこ盛りです。

夕方以降や深夜に釣り込みをやることが多いですが、昨日は無理しすぎて流石に今日は体が重いですね。

リズム良くやれればいいのですがなかなか。


お客様に喜んでいただけるよう全力かつ健康的にできるよう頑張ります。

それではまた明日。

------------------------------------------------------------------------
革靴製作教室生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、音楽、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/15633049.html

実践革靴製作専門習得コースも立ち上げました。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22840528.html


075-414-0121
nojima@kikkabo.jp

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------



-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------



おはようございます!

何ヶ月越しでしょうかね( ̄∀ ̄;)





初めての一足

その後をお届けすることができますよっ












前回は

IMG_2328


ここまででした

ソールを貼り
コンプレッサーで圧着したところですね










今回は

宇都宮さんに教えてもらいながら
カット済みのヒールに
グラインダーをかけました!


初めてのグラインダーに
ドキドキワクワクしながら

回転するヤスリに
ヒールを当てます

IMG_2943


この直線部分が
綺麗に平らになるよう

直線部分を下にして立てたとき
自立して立つように
グラインダーをかけます




初めてのことなので加減がわからず
どのくらいの力で
押し当てたらいいのかを探りながら

ビビりながら少しずつ当てました。笑




なんとかOKをもらえたので

次はつるつるしているこの面を
糊が付きやすくするために
表面にグラインダーをかけます




回転ヤスリに指が触れないように

力を入れすぎて
削りすぎないように注意して…



IMG_2944






できました!








直線部分の断面には

IMG_2945


仕上げ剤を塗ります

ソールが黒なので
インクも黒ですね(*´ω`)












お次は
ソウルにグラインダーをかけます



でもその前に

グラインダーをかける位置を決めます


IMG_2946



ヒールを実際に当てて
均一にはみ出る位置

踵は左右対称になっているため
センターを意識しながら
まっすぐに線を書きます




左右で少しズレました(´・ω・`;)












線が書けたら
いよいよグラインダーです


IMG_2947






踵側から踏まず部分に向かい
だんだんと深くなるように


ただ全体を削ればいいわけではないので
少し難しかった!







左足で

なかなかいいですねと
OKをもらえたことで
気が大きくなったのか…

右足をグラインダーにかけたとき
思い切りすぎたようで(;´・ω・)





IMG_2948



斜めになっているし
削りすぎました…





削りすぎたところに合わせて
野島さんに手直しをしていただきました









直してもらってばっかりだ( ̄∀ ̄;)














さてさて
今日はここまでです!

吉靴房にいる間
どこまで進められるかな♪




まだまだ頑張りますよー!







それではまた明日(*´ω`)








こんばんは。野島です。



映画キングダム大変好評のようですね。もう続編を望む声も上がっているようです。

SOU・SOUさんのブログで紹介されていたので、そちらも是非ご覧くださいませ。







今日は採寸とサイズ出しについてを書こうと思います。
吉靴房では基本オーダーで製作させていただいておりますので、お客様の足を採寸させていただいて最も合う状態に靴を製作いたします。



採寸は「足と靴と健康協議会」でシューフィッターの資格を取得し、そのときに勉強した方法でしています。



IMG_6460

P8311334

専用の採寸道具を使い、足の外周や指の大きさ、甲の高さ、くるぶしの位置を測ります。

P8311345



ペドカルテと呼ばれる専用の用紙に記入し、更にいろんな線を引いて詳細な数字を出します。




IMG_6453

足長、足囲、足幅、ふまず長、指の角度、甲の高さ、くるぶしの高さなどを細かく出すことでお客様のそれぞれの特徴を捉えます。






ここから先は少し吉靴房の独自の考え方で靴に対して最適なサイズを出します。




IMG_6453

サイズは靴型と足の寸法との比較と、お客様のお好みのフィット感を考慮しています。




このフィット感というのが、非常に難しい部分であり、いつも十分な時間をかけて検討し、答えを導き出すようにしています。





あくまでお客様の感覚に沿うよう、普段から履いているサイズを伺い、そのお好みの感覚に近くなるようにするのが吉靴房流です。






足は手や指紋と同じで千差万別、左右も全て違います。
数字上このサイズだと小さいと感じてもおかしくない履き方や、いくらなんでもこれは大きすぎるのではと思う履き方をしている方もかなりの数いらっしゃいます。


しかしながら、シューフィターの資格を持つつくりてが言うのだから絶対にこのサイズが正しいのですというつもりはなく、あくまでお客様の感覚に合うように心がけています。









現代人は幼少期の頃から外では靴を履いて過ごします。例えば僕は43歳ですが、約40年外で何かしらの履物を使っています。それが数字上大きな履物だったとしても、ずっと履いているサイズが自分のサイズと思っていて、数字をみてこのサイズがいいですと言われて小さかったり、大きかったりしたら、違和感のほうが気になると思います。





まずはこの40年の過去を尊重し、その違和感をなるべく無くすようにしたいと思いながら、今後の人生が健康で良いものになるような、お客様に寄り添える靴を製作したいと思っています。




もちろん健康に関わる仕事と承知していますので、明らかにサイズをこうしたほうがいいと思う場合は、お客様にご説明をして製作にあたります。




足は常に変化するものなので、絶対にこれじゃないと!と言う断定もできない部分があり、あくまで標準値とお客様の感覚を考慮してサイズを最終的に判断しているというやりかたです。





採寸は有料で税抜き3,000円で承ります。一度採寸させていただいたらその後はこのデータで製作いたしますので、採寸は一度で大丈夫です。
ご希望がある場合は2回目以降は無料で採寸いたします。




何かご質問やご要望等ございましたら、遠慮なくお伝えくださいませ。



































2020.2.25お支払方法について追記致しました。
2020.4.12遠方のお客様へ採寸のご提案を追記しました。
2021.3.12完成予定時期を変更しました。

いつもお問合せ頂きまして誠にありがとうございます。
こちらの記事では、吉靴房のオーダーメイドの手順などについて解説いたします。



吉靴房は基本すべてオーダーメイドの受注生産になります。
つくりて野島、またはスタッフが直接応対させていただくご注文は①から、ネットショップやお電話やメールなどからご注文いただくのは②からとなります。

ご注文いただきお届けまでだいたい半年ほどお待ちいただいております。
その時期のご注文状況により変わりますので、お問合せくださいませ。



基本的なオーダー方法の流れは以下のとおりです。

①採寸

②デザイン確定

③製作

④完成・お渡し



①採寸は工房にお越しいただいた方、もしくは個展会場で直接接客させていただいた方にさせていただいております。
 足長、足囲などいくつかの項目を計測します。
 
 立った状態で採寸させていただき、およそ5~10分ほどです。
 初回のみ採寸料金として3,000円(税抜き)をいただいております。
077

P8311344


②50種類以上のデザインからお好みのデザインを選んでいただきます。
 革は約20種類から。ソールの素材は5種類ほど。作り方もお選びいただけます。
 過去に製作した数千枚の画像や手描きでのイメージ画を参考にして選んで頂けます。



 このデザイン確定の部分がおそらく難しく感じるところと思います。


最初に先日記事にした革下駄や御沓やメダリオンブーツや内羽根一文字など約50種類の形があるので、どれか決めていただきます。


吉靴房の商品にはいくつかのカテゴリーがあり、稽靴(けいか)、淘靴(とうか)に関しては靴型(つま先形状)から選んで頂けるデザインがあります。

カテゴリー
稽靴(けいか)  
稽は考える、物事を突き詰めて考え合わす、寄せ集めて引き比べるの意味からプロダクト系デザインのカテゴリーです。



淘靴(とうか)
淘は不純物を取り分ける、より分けるの意味から昔からある定番デザインのカテゴリーです。



靴型はつま先がやや丸い形状のラウンド型と、足の形状のような形でよくドイツの靴に見られるオブリーク型があります。

つま先


同じデザインを違う靴型で製作することでお客様の個性が形になります。
このつま先形状まで選べるところは吉靴房の特徴といえます。



例えばレザースニーカーというデザインのラウンドとオブリークは画像で見るとこのような違いがあります。


まずこちらはラウンド型
195


そしてこちらはオブリーク型です。
069



靴型と色の配置が違うと全く違うデザインのように出来上がります。

それともうひとつ違いがあります。
それは製作方法。
靴底の周りにステッチがあるかないかの違いがあります。
004



ステッチがある方はステッチダウン製法といい、ステッチなしはマッケイ製法といいます。



デザインの決定までに、まずどのデザインにするかひとつ決めていただいたら、靴型をラウンドかオブリークか決めていただき、さらに製作方法でステッチダウンかマッケイのどちらにするか決めていただくことになります。


それ以外にも革の色が20種類ほどあるので、どのパーツをどの色にするのか決めていただきます。




ここまででもかなり色々個性が出せるのですが、さらにソールの色や素材も選んでいただけます。
(有料の素材も含む)
例えば、レザーソールにしたいとか、ワークブーツのソールにしたいとかですね。

PC031581


P1013257




さらにさらに、このデザインにファスナーをつけて脱ぎ履きがもっと楽にならないかなとか、紐の色をベージュにしたいとか、太くしたいとか、様々なご希望があると思いますので、吉靴房ではできる限りお答えできるように努力します。


P5011933



つくりて野島はお客様のご希望を聞けば聞くほどさらに製作が楽しい!ってなりますので、是非ともいろんなご希望ご要望をなんでもぶつけてみてくださいね。
できる限り喜んでいただけるものをお作りいたします!



2020.2.25追記 お支払方法について

お支払方法はいくつかございます。

①工房または展示会場で現金ご一括
②工房または展示場でカードでご一括
 Visa/Mastercard(R)
 JCB/American Express/Diners Club/Discover
 UnionPay(銀聯)
 交通系電子マネー
 iD
 QUICPay
以上がご利用いただけます


③工房または展示場で先にご予約金として内金を頂き、完成後に残金を代引きにて商品配送時にお支払いいただく
④工房または展示場で先にご予約金として内金を頂き、完成後残金をお振込みいただく
⑤ネットショップは現在代引きまたはお振込みいただく仕様になっております。
 ネットショップもカード決済ができるよう現在検討中で、数か月中に使用可能になる予定です。

ご予約金(内金について)
内金は5,000円~とさせていただいております。
特に上限はきめておりませんので、お客様のご都合の良い金額をお支払いくださいませ。

キャンセルの際は諸経費として、お預かりした金額から5,000円差し引いてお返しいたします。

詳しくはお問合せくださいませ。


2020.4.12追記
遠方でオーダーをご希望されるお客様へ

足のサイズを測る器具はアナログなものから数百万円するような機械までいろいろあるのですが、簡易かつ信頼性が高いサービスが提供されました。ZOZOTOWNが発表した「ZOZOMAT]です。

つくりて野島が試したところ非常に良かったので是非ご活用いただければと思います。

https://zozo.jp/zozomat/

ZOZOでIDを作り申し込みの必要がありますが、この無料アプリで計測していただいた画像データをお知らせいただければ、そのサイズで足に合った靴を製作いたします。

詳しくはお問い合わせくださいませ。
075-414-0121
nojima@kikkabo.jp

------------------------------------------------------------------------
革靴製作教室生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、音楽、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/15633049.html

実践革靴製作専門習得コースも立ち上げました。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22840528.html


075-414-0121
nojima@kikkabo.jp

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------



-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------












このページのトップヘ