「靴を作るが靴職人と呼ばれるのはちょっと・・・」つくりて野島と新人マキコのブログ

京都の手作り靴工房「吉靴房」で毎日手作りで靴を作る日々。 そして靴以外にも好きなものがあり、製作の合間の出来事も赤裸々に綴っていきます。 基本的にインドアなので、漫画、ゲーム、歴史、科学などなど。 靴作りと好きなことを中心に毎日更新します。 このブログは靴のつくりて野島とこれから初めて靴作りを学ぶ新人マキコの2人でお届けします。

タグ:へやなか

------------------------------------------------------------
『お知らせ』
現在のオーダーメイド完成予定時期は
2月末完成、3月初旬お届け予定となっております。
どうぞよろしくお願いいたします。
------------------------------------------------------------


こんばんは。野島です。


日本橋髙島屋の催事が終わり荷物が工房に届きました。
この片付けが終わったら月末に向けて製作三昧になります。

FullSizeRender

今月は西宮阪急→奈良今西家書院→日本橋髙島屋と吉靴房立ち上げ以来初めて3箇所に出展するという月になりました。

どうしても工房の営業日をお休みにしなければならない日が出てしまい、お客様には大変申し訳なく思っております。少人数で運営している為どうかご容赦くださいませ。


年内は年末年始のお休みを除き、営業は12月8日(日)に都合によりお休みさせていただきます。
それ以外の、金、土、日、月の営業時間は通常営業となります。
どうぞよろしくお願いします。



IMG_8307

プレゼント用のへやなかは後ミシンを掛ければ完成というところまできました。



IMG_8305

特殊ミシンを使うステッチダウンは生徒さんのものも合わせて縫う為、先に準備しました。

IMG_8306

こちらも特殊ミシンをかけるマッケイ製法のパンプス。
これも先に進めております。



なるべく手際よく、効率よく進めることで、ミスをなくし、より良い製品をお届けできると思います。
常に頭を使いながら進めて行きたいと思います。



それではまた明日。




『営業お休みのお知らせ』

12月8日(日)は吉靴房の営業をお休みさせていただきます。
関東に臨時出張によるお休みです。

急なお知らせになってしまい申し訳ありませんがどうぞよろしくお願いします。

年末年始は12月30日から1月3日までお休みで、1月4日から営業開始の予定です。
こちらもどうぞよろしくお願いします。


------------------------------------------------------------------------
革靴製作教室生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/15633049.html

075-414-0121
nojima@kikkabo.jp

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------


-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------























こんばんは。野島です。


昨日は引き続き釣り込みとへやなかの手縫いなどの作業の日でした。

IMG_8030

手縫いは作業のタイミングが工程上うまく入れないといろいろと止まってしまうので、効率よくできるように全体を考えながら進めます。


穴あけ→糸作り→手縫いという順番になるので手縫いが終わるまでかかりきりになりがちですが、他の作業とのバランスをみて進めました。



IMG_8049


IMG_8048

釣り込みも順調に進んでおります。

月末からの西宮阪急の催事が近づいてきたので更にペースを上げて行きたいと思います。






IMG_8050



今月も素敵な組み合わせのオーダーがたくさんあるので釣り込みが始まると完成形がみえてきて楽しいです。






教室の生徒さんの弟さんで木工作家の方が尋ねてくださり短い時間でしたが、すごく有意義な時間になりました。
ご来店いただきまして誠にありがとうございました。


また時間を作って僕も個展や手作り市や工房に伺いたいと思っておりますので、その時またよろしくお願いします。




今の仕事についてから本当に素敵なすごい方々とお話できる機会をたくさんいただいております。
皆様に刺激やヒントを頂きっぱなしですが、こちらからもお返しできるように日々挑戦と努力を続けたいと思います。




それではまた明日。


-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-------------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------
革靴製作教室生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

075-414-0121
nojima@kikkabo.jp

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------





































こんばんは。野島です。



昨日はスリッパへやなかに取り掛かりました。

両方とも室内用スリッパですが、製作方法が似ているようで違う作品です。



IMG_7981



IMG_7982

それでも共通することもあるので、なるべく効率よく進められるように手順を考えて進めます。

IMG_7992

双方とも裁断は銀ペンより1mmほど大きく切ります。
これは最後に貼り合せた物をいっぺんに整えるために少しだけ大きめに切り分けます。


裁断や焼印はもちろん同時に。

IMG_7983



IMG_7984

スリッパはヌメ革を水で濡らして癖付けします。







順調に進んである程度纏めるところまで来ていたのですが、なんと夜に大きなミスが発覚!

なんとかもう一度やり直す部分を進め、深夜にまでかかって予定の一歩手前まできたところで力尽きました。




手仕事でミスはどうしても起こりうることですが、なるべく減らしたいですね。



今後も気をつけて進めていきたいと思います。


それではまた明日。


-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------------------
革靴製作教室生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

075-414-0121
nojima@kikkabo.jp

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------


こんばんは。野島です。



昨日のブログでも書いていたパッチワークのへやなかを完成させました。


IMG_7078

今回は頂いた端材を使ったので、そこそこ大きめの継ぎ接ぎです。
大きさ問わずパッチワークには何か魅力があります。こういったことの理由も解明したいのですが、まだ仮説も整っていません。どなたか教えて下さいませ!





裁断して貼り合せてミシンをかけます。


IMG_7079

IMG_7082

今回は全てミシン仕上げにしました。へやなかは手縫い仕上げもございます。





底周りのミシンはダブルステッチにして強度を上げてあります。






そして完成したのがこちら↓

IMG_7085

IMG_7087

パッチワークはものすごく好きなので、完成品には大満足なのですが、どうしても作業コストを下げるのが難しいのが悩みです。

何か妙案がありましたら是非伺いたいです。
細かい端材がたくさんあるので、ずっと検討研究中です。



これもヘルプミー案件になってしまいました。
でもパッチワークっていいですよね~。いずれ何かしら発表したいです!






































こんばんは。野島です。



僕は恐ろしく寝相が悪いのですが、先日コタツで少しうたた寝をしていたときに、どうやらコタツの中で回転したみたいで左足のくるぶしを強打してしまいました。笑

現在くるぶしが青あざでドス黒くなっております。
横で寝る人は注意が必要です。突然胴回し回転蹴りが飛んでくる可能性があります。


子供の頃から寝相は本当に悪いんですよね~。今思えばムチウチだったのではと思うほど首を痛めたことがあります。数年間曲がったままになってしまい、高校生の頃まで治らなかったと思います。
寝相の治し方教えてください!









さて「楽しいシコウ」の展示場が靴を脱いで上がっていただく場所になるので、今日はお客様用にスリッパを作りました。

こちらは裁断した革を貼り付けた状態。
IMG_6137


へやなか」というデザインが吉靴房の革製スリッパですが、
P4129507





今回はそれを少し簡易化したバージョンで急いで製作しています。

画像ではわかりにくいかもですが、こちらはミシンをかけた状態です。
IMG_6139




これをあの手この手で成形すると

IMG_6140

ちゃんとスリッパになりました。




スリッパ作りは子供もできて楽しいと思います。
ちょっとしたコツがありますが、そこさえ押さえれば数時間でできるのでお勧めです。


ワークショップをというお声がけもいただいたことがあります。確かに楽しいはず。









以前子供と子供のお友達を招いてスリッパ作り体験をしました。

IMG_3976



自分の足に合わせて型紙を作るところからスタートです。



上の子が5年生、下の子が2年生の頃でしたが、とても頑張って立派に作り上げました。


IMG_3984


こういった体験でものつくりの楽しさが伝わると嬉しいです。




子供達のひたむきさを見習って、常に初心を大事にしていきたいと思います。












このページのトップヘ