「靴を作るが靴職人と呼ばれるのはちょっと・・・」つくりて野島と新人マキコのブログ

京都の手作り靴工房「吉靴房」で毎日手作りで靴を作る日々。 そして靴以外にも好きなものがあり、製作の合間の出来事も赤裸々に綴っていきます。 基本的にインドアなので、漫画、ゲーム、歴史、科学などなど。 靴作りと好きなことを中心に毎日更新します。 このブログは靴のつくりて野島とこれから初めて靴作りを学ぶ新人マキコの2人でお届けします。

つくりて

------------------------------------------------------------
『お知らせ』

現在のオーダーメイド完成予定時期は
2023年4月末完成、2023年5月初旬お届け予定となっております。
お時間いただき申し訳ございませんがどうぞよろしくお願いいたします。

オーダー方法についてはこちらをご覧くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/cat_323072.html


靴磨きも承っております。是非ご利用くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22615170.html
------------------------------------------------------------


こんばんは。野島です。

久しぶりに「吉靴房への道」の更新です。

今までの①〜⑨はこちら↓

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/cat_422586.html




SOU・SOUさんとはもう十数年のお付き合いをさせていただいております。
実はヴィーナスフォートのSOU・SOU初店舗のオープン間も無く(京都に店舗がない頃)僕がまだ東京在住時に行ったことがあり、
独立前から「日本の革靴」をテーマにしようと検討中だった僕は

“ついにこういう素敵なお店が出てきたなぁ。“
“革靴をスタートしないで欲しい!“
“東京の会社なのかなぁ“
とか思いながらお店を後にしたのを覚えています。




数年後京都に来て3年目に今の場所に工房を引っ越しして間もなくの頃、革靴寺子屋の生徒さんからSOU・SOUさんのお話を聞きました。
当時その方は建築家の辻村さんの事務所でインターンをしている大学生でした。


実は辻村さんともご縁がありまして・・・
僕の叔父に野嶋信夫という陶芸家がいまして辻村さんのデザインした飲食店の食器を作っていました。



ご縁ってあるものだなあと思いながら、早速自転車で四条河原町まで行きSOU・SOUさんの足袋のお店に入りました。
まだ着衣ができたばかり、傾衣はなく地下に作務衣というお店があった頃です。


すごく素敵で納得できるコンセプトと商品とお店だったので、早速アポイントを取りたいと思っていたのですが、何の下調べもなく来ていたので挙動不審にキョロキョロしていたら足袋店長の中岡さんが話しかけてくださいました。
そこで正直に代表の方も全く知らずにここに来たこと。吉靴房という革靴屋をしていること。一度お話を伺いたいとのことをお伝えしました。


名刺を渡して後日SOU・SOUさんからご連絡をいただきました。

社長が「御沓(おくつ)」というデザインが見たいとのこと。
なんと当時の吉靴房のサイトを隈無くご覧くださり、その中で御沓が見たいとおっしゃっていただきました。



初めての打ち合わせ当日。
若林社長ともう退社されましたが当時の企画の方とお話しさせていただきました。


なんか気に触ることでもしてしまったかなと思うほど、最初特に企画の方から圧力を感じましたが若林社長から
「いろいろな靴屋さんからアプローチはあったけど、日本の歴史に視点を向けているところが無かった。ここに気づいたことがあなたの才能だ。」
と言っていただき業界関係者から辛辣な言葉しか貰ってこなかった数年間だったのでとても嬉しかったことを覚えています。

地下足袋のことを革靴とは全く違う履物であるという話を強くしすぎてしまったかなと反省しておりますが、足袋型の革靴用の靴型を作り始めていたところだったのでこういうものを作ろうと思っているという話や現状のオーダー状況、仕事のスタンス、コンセプトなど将来に繋がるお話をここでディスカッションさせていただきました。


ちょうどSOU・SOU傾衣の立ち上げ準備をされていたタイミングだったようで、地下足袋より少しフォーマルな雰囲気を出せる履物が欲しいと考えられていたそうです。
その頃出来上がった風靡を着させていただき、絶対にこのブランドは成功すると感じました。




2回目の打ち合わせで御沓の最終調整をして、SOU・SOU×吉靴房第一弾としてスタートしました。

0EE9B86F-04A3-427B-AF9A-73FA6D442FCC

とにかく僕はビジネスの知識も経験も足りなくて若林さんとお話しさせていただくことで大変勉強させていただきました。
その後辻村さんや脇坂さんにもお会いさせていただき一流の凄さと柔らかさを体感しました。




足袋の靴型ができたので「単皮(たび)」そして「踵単皮(あくとたび)」のサンプルをご覧いただき第2弾として単皮をスタートしました。

BDF07437-F22D-4C1A-A2DE-67B9CB85BA69

若林さんに薦められて出展してみた御沓と単皮は京都デザイン賞で入賞することができました。
全くデザインの勉強などしたことがなかった僕にとってとても感慨深い賞でした。


当時からの様子を知っておられるSOU・SOUのスタッフさんは少なくなりましたが、今もとても良くしてくださり素敵な関係性のもと仕事をさせていただいております。ありがとうございます!


履物は単体では存在意義がほとんど無くなります。裸で靴だけっておかしいですよね。
体に纏う服があるからこそ靴は存在意義が発揮されます。

そう言った意味でもSOU・SOUさんには大変感謝しております。




吉靴房への道はここまで。
全部読んでいただきましてありがとうございました。

僕は仕事のペースも変化のペースも遅いですが、懸命に履物作りを続けますのでどうか今後とも応援していただければ幸いです。



それではまた明日。



------------------------------------------------------------------------
革靴寺子屋生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、音楽、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/15633049.html

実践革靴製作専門習得コースも立ち上げました。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22840528.html


075-414-0121
nojima@kikkabo.jp


副業で夜にアルバイトをしてみたいという方もおられましたらご連絡ください。
(募集締め切られせていただきました。また募集するかもしれませんがご検討いただいた方には申し訳ありません。)

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------
『お知らせ』

現在のオーダーメイド完成予定時期は
2023年4月末完成、2023年5月初旬お届け予定となっております。
お時間いただき申し訳ございませんがどうぞよろしくお願いいたします。

オーダー方法についてはこちらをご覧くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/cat_323072.html


靴磨きも承っております。是非ご利用くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22615170.html
------------------------------------------------------------

こんばんは。野島です。

阪急うめだスークでの出展は明日が最終日になります。
明日27日は16:00までになりますのでご注意くださいませ。


毎日朝は自転車で阪急大宮駅まで自転車で行って、阪急に乗って梅田まで通っています。
18:00に終わってまた電車と自転車で帰ると20:00前くらいに到着、その後休憩と晩御飯を済ませて深夜に作業開始です。


今月は新人達に中底の癖付けを任せてみました。
なかなか上手くいかないですねー。


かなりの数を直すことになったので、思ったように進みませんでしたが、昨日の晩はミシンを一気に進めました。



上下糸が黒のもの
45758150-930A-4B70-9F91-9AC657E50DC3



上糸が赤で下糸が白のもの
F0CC3683-C1D9-4F57-965A-088696500419



上下糸が白のもの
99ACC633-B7F4-4FEA-A46B-AF7ABC288E6D
ミシンやボビンの調整などもしながら深夜2:30くらいまでだったかな。
目がしょぼしょぼしてくるまでやりました。最近は老眼が始まったので近くが見づらい!

休憩はぼちぼちしんどくならないようにとっていますよ。

飽き性というか同じ作業を続けていると他のことが気になってしまうんですよね。




動画や音声コンテンツで勉強しながらできるのは、1人で作業する時の大きなメリットです。
いい時代になったなーと思います。




今週末は製作追い込みなので、体調管理は当然気をつけて頑張ります。

それではまた明日。



------------------------------------------------------------------------
革靴寺子屋生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、音楽、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/15633049.html

実践革靴製作専門習得コースも立ち上げました。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22840528.html


075-414-0121
nojima@kikkabo.jp


副業で夜にアルバイトをしてみたいという方もおられましたらご連絡ください。
(募集締め切られせていただきました。また募集するかもしれませんがご検討いただいた方には申し訳ありません。)

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------
『お知らせ』

現在のオーダーメイド完成予定時期は
2023年4月末完成、2023年5月初旬お届け予定となっております。
お時間いただき申し訳ございませんがどうぞよろしくお願いいたします。

オーダー方法についてはこちらをご覧くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/cat_323072.html


靴磨きも承っております。是非ご利用くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22615170.html
------------------------------------------------------------

こんばんは。野島です。


②の続きになります。
私の思う最近では最も大きな変革が日韓ワールドカップによる不法滞在者の炙り出しと強制送還、それに続き東日本大震災があったことです。

ちょうど日本のものづくりがアジア各国の安い労働力にとって変わられる時期に重なったことも影響が大きいと思います。


下請けさん(縫製関係が多かった)の強制送還は単純に製造にかけられる人数不足を引き起こし、さらに工賃の引き上げに繋がりました。
今までと同じくらいの価格が維持できないという事態になったのです。
同時に原油価格の高騰があり、ソールや糊といった原材料費と輸送費が大きく値上がりしました。
少しずつでもずっと値上がりし続けていた原材料費がさらに一気に上がり、それは今も続いております。


困ったメーカーは中国に工場を作るか、提携工場を探すということを唐突に始めました。
もう既に中国から東南アジアに製造関係は移り始めていたのに中国に固執するメーカーもありました。

これは想像ですが、取引のあったところに相談をして進めたのかなと・・・

・・・
・・・
・・・

いやここははっきりと言います。

強い言い方をすると「あくまでも日本上位の思想を持ち続けていたバブルを経験してきた経営者達が思いのままに命令を聞いてくれそうな下請け工場を中国の知り合いに頼んで紹介してもらっていた」という方がニュアンスとしては正しいと思います。


当然ですが付け焼き刃でなんとなく経営状況が悪いから安いところで作るという発想では上手くいくはずがありません。




そしてもう一つ大きな理由があります。
①の最後に書いた靴企画問屋の大手2社が潰れた時の影響がとても大きかったということです。

裏話がありまして、業界では有名な話ですが、○○○○○○という靴屋さんがある問屋さんが潰れる寸前の時に倉庫にあった靴をゴタゴタに乗じて掠め取ってしまったという話です。


数十社の靴メーカーが作ってまだ入金されていなかった靴が莫大な量の倉庫の靴を持って行かれてしまったので、数年に渡って訴訟が繰り広げられました。
安い人件費で作れなくなり、津波の被害があり、百貨店の経営難があり、企画問屋の資金が底をつき、メーカーは製造したものの入金がされず、出来上がった靴を持って行かれてしまった・・・




このような状況でこの時期に浅草周辺の靴メーカーは40%以上が潰れました。


踏みとどまった会社は何が違ったのか。
それはオリジナルの製品を開発し、独自で販売できるように努力し、地道に販路を開拓していた会社です。



今西陣で活動している吉靴房としては伝統産業で愚痴ばかり話している会社に同じような道を辿らないでほしいと願っています。



私ももちろんですが、まずお客様に喜んでいただける誠実なものづくり。
ここを無視して数字だけを追っていると確実に暗い未来が待っていると思います。


多くの視点を持ちながら、関係各社とより良い関係を築きながら、お客様が笑顔になれる商品を自分も一緒に楽しみながら作りたいと思います。



以上体験した靴屋現代史でした!


それではまた明日。




------------------------------------------------------------------------
革靴寺子屋生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、音楽、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/15633049.html

実践革靴製作専門習得コースも立ち上げました。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22840528.html


075-414-0121
nojima@kikkabo.jp


副業で夜にアルバイトをしてみたいという方もおられましたらご連絡ください。
(募集締め切られせていただきました。また募集するかもしれませんがご検討いただいた方には申し訳ありません。)

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------
『お知らせ』

現在のオーダーメイド完成予定時期は
2023年3月末完成、2023年4月初旬お届け予定となっております。
お時間いただき申し訳ございませんがどうぞよろしくお願いいたします。

オーダー方法についてはこちらをご覧くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/cat_323072.html


靴磨きも承っております。是非ご利用くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22615170.html
------------------------------------------------------------

こんばんは。野島です。

1990年代後半はある意味で日本の靴業界はとても面白い時代でした。


バブルは崩壊していましたが靴メーカーが良い企画を作ればちゃんと売れる。
スニーカーの大ブームによるファッションスタイルの大きな転換と多様化。
海外を拠点に活躍する日本人デザイナー。
靴のオーダーを受け教室やワークショップを開催しながら個人で活動をする手製靴屋。
釣り込みと底付けに特化した職人スタイルを貫く作り手。


その全てが時代の流れの影響を受け、混ざり合って共存している状態でした。




靴メーカーではまだ夏にサンダル、冬にロングブーツという定番のローテーションが繰り返されていました。



スニーカーブームは40代以上の方なら皆さんご存知のNIKEエアマックスのブームが象徴的です。
色々な事件があるほどでした。価格の高騰も凄まじく1足24万円なんていう価格をつけるショップがあるほどでした。


靴デザイナーといったら誰が思い浮かぶでしょうか。80年代から活躍していたKISSAの髙田喜佐さんや動物モチーフが有名なTOKIOKUMAGAIの熊谷登喜夫さんやフランスで活躍して今も精力的な赤嶺勤さんでしょうか。
近年世界で活躍するデザイナーといえば三原康弘さんでしょうか。三原さんは日本の靴生産に新しい概念を作ってくれた方だと思います。


イギリスやイタリアに留学して靴の専門学校で学んだり、工房に助手として入ったりして西洋手製靴の仕事場を経験した後に日本に帰ってきてブランドを立ち上げる方々もこの頃に増えてきました。
代表はギルドオブクラフツの山口さんでしょう。


個人で教室などを運営しながら靴屋として生きる、そういったことを提案し実現し続けているモゲワークショップを運営するモゲさんこと勝見茂さんが、このスタイルを確立されたと思います。今も全国に教え子たちが様々な教室を運営されています。

革を含めできる限りなんでも手で作るというスタイルでは曽田耕さんがいます。




90年代後半から2010年くらいにかけて手製靴を目指す人が増えて一時は職業訓練校の倍率が80倍という異常な状況になりました。
これはバブルが弾け→就職氷河期になり→安定と言われた公務員すら信用できなくなり→何かの技術を身に付けなければならないといったうっすらとした強迫観念を植え付けられた団塊ジュニアと呼ばれる最後の世代が靴業界になぜか殺到したことに由来します。


感覚的に親世代のやってきたことのおかしな部分を察知して、不況に向かう日本の中でもがいた人が多かったからだと思っています。
バブル真っ只中の頃は手で何かを作るという仕事は完全な人手不足だったので今の50代半ば以上と40代半ばの感覚はかなり違うといえます。



以上のことを思うと
僕はモゲさんと曽田さんのスタイルに日本の歴史と文化を加えた形をとっています。

恩人は誰かと取材等で聞かれた時には曽田さんと三原さんの2人を挙げています。
この2人のデザインを見て靴の可能性と自由さを感じ、目の前の世界が広がったのを感じたからです。


当時から今にかけてずっと活躍している先輩方もたくさんいらっしゃるので、なんとか僕もついていきながらできる限りのことをしていきたいと思います。


それではまた明日。





------------------------------------------------------------------------
革靴寺子屋生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、音楽、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/15633049.html

実践革靴製作専門習得コースも立ち上げました。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22840528.html


075-414-0121
nojima@kikkabo.jp


副業で夜にアルバイトをしてみたいという方もおられましたらご連絡ください。
(募集締め切られせていただきました。また募集するかもしれませんがご検討いただいた方には申し訳ありません。)

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------
『お知らせ』

現在のオーダーメイド完成予定時期は
2023年3月末完成、2023年4月初旬お届け予定となっております。
お時間いただき申し訳ございませんがどうぞよろしくお願いいたします。

オーダー方法についてはこちらをご覧くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/cat_323072.html


靴磨きも承っております。是非ご利用くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22615170.html
------------------------------------------------------------

こんばんは。野島です。


①で革や革靴への理解度の低さという書き方をしました。
これにはさらに足と履物との関係性への理解度という部分も付け加えられます。

歴史を順に追ってみると明治初期に初の靴工場が誕生。
鹿鳴館で使われる靴や陸軍で使われる靴などが少しずつですが増えて行きます。


明治後半では選挙権を持っているような一族以上の名家や権力を持った方々(平たく言えばお金持ち)などに広がっていき、一般家庭にまで広がりを見せるのは大正中期以降と言われています。
大正後期から昭和初期はデパートの台頭や自動車や電化製品の普及がありちょうどその頃に洋装が定着してきたと解釈できます。
僕の祖父母が若い頃の話です。



この江戸時代最終盤から昭和初期の期間は70年ほど。



この後20年ほどで満州事変から第2次世界大戦まで時代は進みます。
80年ほどの期間で一気に西洋の文化に変貌し→電化製品の普及などの経済発展があり→戦争が続き→代用品で色々なものが作られ→その後贅沢は敵という状況にまでなり→敗戦後また経済成長があるという流れでした。

これは戦争はさておき僕が育った高度経済成長期から今(1970〜2020)の50年間と近い流れがありますね。


ここでの問題は一気に色々な価値観が広がり、結果良いものと悪いものが混ざりそれ自体は良かったものの、悪いものが一定数定着してしまったということだと思います。


具体的にはキリスト教の基本的は考え方の一部の広がり、百貨店などの売上のための接客(お客様は神様思考)、突然日本に流入した西洋フォーマルの解釈間違いなどがありますが、ここに科学的根拠のない健康意識が加わったのがややこしくしてくれました。


要するに浅い知識だと何が正しいかわからなくなってしまったというわけです。


ここで靴の話に戻します。
革は穢れであまり触れてこなかった。
靴は軍靴から始まったので痛くても文句は言わない。(天皇陛下からの賜り物という意識も関係)
経済成長期では良いものも悪いものも混ぜこぜでとにかく買って消費して処分される

この辺りの流れが下駄や草履の国に流れ込んだために
「痛くなくて脱ぎ履きがしやすい軽い履物」が良い靴であるという完全に間違った先入観が定着してしまったと私は思います。
この流れはリクルートスーツを着てプレーンのパンプスを履いて歩きまくる就活生に繋がっています。


過去の歴史を蔑ろにして気候変動を盾にした損得勘定のみの論理性により、SDGsでヴィーガンが肉を食べないだけでなく牛自体が悪いというよくわからない論理と同等の状況が上記の流れです。

続く


それではまた明日


------------------------------------------------------------------------
革靴寺子屋生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、音楽、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/15633049.html

実践革靴製作専門習得コースも立ち上げました。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22840528.html


075-414-0121
nojima@kikkabo.jp


副業で夜にアルバイトをしてみたいという方もおられましたらご連絡ください。
(募集締め切られせていただきました。また募集するかもしれませんがご検討いただいた方には申し訳ありません。)

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------
『お知らせ』

現在のオーダーメイド完成予定時期は
2023年3月末完成、2023年4月初旬お届け予定となっております。
お時間いただき申し訳ございませんがどうぞよろしくお願いいたします。

オーダー方法についてはこちらをご覧くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/cat_323072.html


靴磨きも承っております。是非ご利用くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22615170.html
------------------------------------------------------------


こんばんは。野島です。

現在27日まで阪急うめだ本店10階に出店させていただいています。
こういった催事関係の出張のお仕事は新型コロナのことが始まってから激減しました。

僕としては作業が進むのであまり外に出ないという選択肢はありなのかなと思っていましたが、
こうやって久しぶりに出てみると待っていたよと仰ってくださるお客様が声をかけてくださるのでとても嬉しくありがたく思います。

16DE9C15-0B8D-41C2-AE0C-7E99CB6D55FD
今回はこんな感じにディスプレイしております。


自転車で阪急大宮駅まで行き、阪急電車で梅田。そこから徒歩で阪急うめだ本店に向かっています。
昔からどうしても荷物が多くなりがちな性格な上に、百貨店の売り場に置きっぱなしに出来ないものもあるので旅行に使えそうなキャリーケースを転がしながら通っています。

お客様の情報が書いてある書類関係やオーダー予定表はもちろん、急に涼しくなったので上着、花粉症と偏頭痛持ちなので薬関係などなどキャリーがないとなかなかの重さになります。


実は自転車の籠がそれでちょっと壊れてしまいそうなんですよね。キャリーが大きすぎて。



来年4月にまた代官山にて展示受注会を予定していますし、今後も使うだろうということでちょうど良いキャリーケースを探していました。


色々なネットショップをみたり、昼休憩でヨドバシカメラのトラベル関係のところまで行ったりしたのですがイメージした大きさのものを発見しました。

FullSizeRender
これを購入したいと思い調べてみたら「KEYUCA(ケユカ)」というブランドで最近関西にも精力的に出店されているとのこと。
阪急近くのグランフロント大阪に国内最大店舗があるということで仕事終わりに行ってきます!


多分お店のことはマキコがレポートすると思います(^ ^)



このキャリーが手に入ればきっと快適な通勤になるはず!


それではまた明日。



------------------------------------------------------------------------
革靴寺子屋生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、音楽、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/15633049.html

実践革靴製作専門習得コースも立ち上げました。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22840528.html


075-414-0121
nojima@kikkabo.jp


副業で夜にアルバイトをしてみたいという方もおられましたらご連絡ください。
(募集締め切られせていただきました。また募集するかもしれませんがご検討いただいた方には申し訳ありません。)

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------
『お知らせ』

現在のオーダーメイド完成予定時期は
2023年3月末完成、2023年4月初旬お届け予定となっております。
お時間いただき申し訳ございませんがどうぞよろしくお願いいたします。

オーダー方法についてはこちらをご覧くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/cat_323072.html


靴磨きも承っております。是非ご利用くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22615170.html
------------------------------------------------------------

こんばんは。野島です。


今日から阪急うめだ本店10階での催事が始まりました。11:00〜18:00まで野島がおりますので是非お越しくださいませ。


さて前回の続きです。

1990年代後半は売り上げが落ちてきたとはいえ、まだ大きな企画問屋の力が大きい影響を持っていました。


しかし売れる靴にするために取っていた策は、西洋の高級ブランドの模倣と低価格化でした。

当然これはアジア諸外国の労働力の安い国に徐々に押されていくことになります。

中国の台頭、ベトナムやインドネシアなど東南アジアの台頭などが他の製造業同様わかりやすい例だと思います。


価格競争に負けないようにするため日本の職人達の工賃は下げられていきました。

さらにこれは皮革産業、靴産業の大いなる負の部分ですが、韓国や中国から来る出稼ぎの方々に日本の職人よりさらに大きく安い工賃で作ってもらうということに繋がりました。
そこにはビザの無い不法滞在者も多数存在していました。

8畳ほどの広さに10人くらいが密集して作業をするという環境で、とても対等な関係とは言い難い強い言葉が飛び交っていたことをはっきりと覚えています。

この状況を当たり前と思っている会社員が多くいたことは紛れもない事実です。


この状況はどうしたらいいものかと思っていた頃に転換期が訪れます。


2002年開催の日韓ワールドカップです。


より安全で綺麗な都市作りを目指す東京都や警察によりホームレスの一斉強制退去がありました。
当時ニュースでも報道されていたことです。


これと同時に不法滞在者の炙り出しと強制送還が実行されました。


私が所属していた会社も含め多くの靴メーカーで事情聴取が行われて下請けの不法滞在者達が強制送還されました。

色々話を聞いたり噂も聞いたり実際目にもしましたが、これはコピーと価格競争の末期の世界線だったと思います。


続く


それではまた明日。





------------------------------------------------------------------------
革靴寺子屋生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、音楽、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/15633049.html

実践革靴製作専門習得コースも立ち上げました。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22840528.html


075-414-0121
nojima@kikkabo.jp


副業で夜にアルバイトをしてみたいという方もおられましたらご連絡ください。
(募集締め切られせていただきました。また募集するかもしれませんがご検討いただいた方には申し訳ありません。)

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------

このページのトップヘ