「靴を作るが靴職人と呼ばれるのはちょっと・・・」つくりて野島と新人マキコのブログ

京都の手作り靴工房「吉靴房」で毎日手作りで靴を作る日々。 そして靴以外にも好きなものがあり、製作の合間の出来事も赤裸々に綴っていきます。 基本的にインドアなので、漫画、ゲーム、歴史、科学などなど。 靴作りと好きなことを中心に毎日更新します。 このブログは靴のつくりて野島とこれから初めて靴作りを学ぶ新人マキコの2人でお届けします。

カテゴリ: > 靴に使う道具類

------------------------------------------------------------
『お知らせ』

現在のオーダーメイド完成予定時期は
2023年6月末完成、2023年7月初旬お届け予定となっております。
お時間いただき申し訳ございませんがどうぞよろしくお願いいたします。

オーダー方法についてはこちらをご覧くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/cat_323072.html


靴磨きも承っております。是非ご利用くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22615170.html
------------------------------------------------------------

こんばんは。野島です。


靴屋や靴修理屋さんがよく使う道具に台金というものがあります。

IMG_6498

吉靴房では座って使うことが多いので、こういった低いタイプを使っていますが、修理屋さんでは立ったまま使うタイプをよく目にします。


作業台の上で使うタイプもあります。


IMG_6495

これはドイツ製だそうです。
3方向それぞれ少しずつ用途を変えられますが、用途というか物によって合わせられる感じです。


このドイツ製がだいぶ作りがガサガサで、靴用なのに革に傷がつきそうな感じなので、ヌメ革を貼ることにしました。


IMG_6494
今回はよく使う大きな面に。

ヌメ革と貼る面に糊を塗り、ヌメ革を少し濡らして貼ります。


IMG_6499

ヌメ革は濡らすとどんな形にも沿うのでとても便利です。

IMG_6500

こういう時に使うのは製品に使いづらい部分。
傷があったり皺が強かったり、半端に経年変化してしまっている部分。首や脇などの端っこです。


逆に良い雰囲気が出たりするので、これが工房の印象になったりします。

こういうのって面白いですよね。
良くも悪くも僕の材料や道具の使い方の考え方がいつのまにか全体の雰囲気となっています。


そういう意味ではボロボロで決して綺麗とはいえない工房でも外から見えるようにして良かったかなと思います。


まだお越しいただいてない方は是非お越しくださいませ。


それではまた明日。



------------------------------------------------------------------------
革靴寺子屋生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、音楽、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/15633049.html

実践革靴製作専門習得コースも立ち上げました。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22840528.html


075-414-0121
nojima@kikkabo.jp


副業で夜にアルバイトをしてみたいという方もおられましたらご連絡ください。
(募集締め切られせていただきました。また募集するかもしれませんがご検討いただいた方には申し訳ありません。)

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------
『お知らせ』

現在のオーダーメイド完成予定時期は
2023年6月末完成、2023年7月初旬お届け予定となっております。
お時間いただき申し訳ございませんがどうぞよろしくお願いいたします。

オーダー方法についてはこちらをご覧くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/cat_323072.html


靴磨きも承っております。是非ご利用くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22615170.html
------------------------------------------------------------

こんばんは。野島です。


ステッチダウンの製作時や細かな作業に必要な道具で僕はヘラを自作しています。

743618BF-1762-4C49-8A9D-D4EB1B0C625E

このヘラは毛が抜けて使いにくくなってしまったハケ(糊など用)を削って作りました。


かれこれ15年以上前のことです。


この相棒とも言えるヘラが割れてしまいましたー!なんてこったい!

ちょうどステッチダウンの作業をしている最中だったので、久しぶりに新しく作ることにしました。


CEAF6AB4-8010-40DD-B071-1AD93F001C24
使えなくなったハケをグラインダーで削ります。

0D2A4229-14B4-44AA-92F6-9928A8C1154E
先端は革を傷つけないように滑らかなカーブにして、全体に面取りもしました。


前回はミシンを使って柄の部分をヌメ革でカバーしました。今回は糊だけを使ってぐるぐる巻きの形状にすることにしました。


EC877BA5-82AD-4AB2-A48E-2F3C1C4B8FAC
なぜかというとヌメ革の端の普段使いにくい部分を活かすことができるからです。

DD4C90A3-28AF-4DDF-8B7D-C1B6CC833A1A
端に沿って7ミリ幅に裁断。

片側だけ少し面取りします。



これとハケに糊を塗ってぐるぐる巻きます。



0B231A9A-B97A-4F89-BE38-1E6432584C5F
8416DA75-4808-4806-A96E-384CA0501A43
穴を開けた部分に最後は通して弛まないように強く結んで完成!


619CE12E-4680-47A0-87E1-4DE03392ABE3
前のヘラと同じように頑張ってくれると思います!

初代ヘラおつかれさま!

2代目を使ってこれからステッチダウンなどを進めていきます。


それではまた明日。


------------------------------------------------------------------------
革靴寺子屋生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、音楽、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/15633049.html

実践革靴製作専門習得コースも立ち上げました。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22840528.html


075-414-0121
nojima@kikkabo.jp


副業で夜にアルバイトをしてみたいという方もおられましたらご連絡ください。
(募集締め切られせていただきました。また募集するかもしれませんがご検討いただいた方には申し訳ありません。)

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------
『お知らせ』

現在のオーダーメイド完成予定時期は
2023年5月末完成、2023年6月初旬お届け予定となっております。
お時間いただき申し訳ございませんがどうぞよろしくお願いいたします。

オーダー方法についてはこちらをご覧くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/cat_323072.html


靴磨きも承っております。是非ご利用くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22615170.html
------------------------------------------------------------

こんばんは。野島です。


靴作りはほとんどの工程で椅子に座って作業をしてをします。

そして机に向かう作業と膝の上で進める作業があります。
膝を机のようにするというイメージです。

釣り込みや手縫いがそれに当たります。



膝の高さが作業に影響するので、足置きを使って膝の高さを上げるのですが、12年ほど使ってきたものが割れました!

IMG_6158
毎日体重が掛かっているので限界点を超えたようです。

こういうものはすぐ直す!
というわけでボンドで仮留め。

IMG_6161
さらにビスを打ちました。


IMG_6163
これだけだとまた割れてしまいそうなので、梁のように裏側を強化!

IMG_6165
昔何かに使った板の余りを使って補強してさらにビスを打ち込みました。


IMG_6167
これでまた同じように活躍してくれるはず!

工房にはこのような作業をすぐできる工具があるので10分ほどでできました。

縁の下の力持ちである足置きなので、また大事に使いたいと思います。

それではまた明日。

 
------------------------------------------------------------------------
革靴寺子屋生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、音楽、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/15633049.html

実践革靴製作専門習得コースも立ち上げました。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22840528.html


075-414-0121
nojima@kikkabo.jp


副業で夜にアルバイトをしてみたいという方もおられましたらご連絡ください。
(募集締め切られせていただきました。また募集するかもしれませんがご検討いただいた方には申し訳ありません。)

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------
『お知らせ』

現在のオーダーメイド完成予定時期は
2023年5月末完成、2023年6月初旬お届け予定となっております。
お時間いただき申し訳ございませんがどうぞよろしくお願いいたします。

オーダー方法についてはこちらをご覧くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/cat_323072.html


靴磨きも承っております。是非ご利用くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22615170.html
------------------------------------------------------------

こんばんは。野島です。


製甲(アッパー製作作業)を進めています。
吉靴房では古い型のミシンを使っています。18種ミシンやTF-5と呼ばれている機種です。


糸は30番手。
これは婦人靴メーカー出身でかつ手作りの靴製作者を表現する時に、革の厚みと糸の太さのバランスで選びました。


その時に使う針は11番。

IMG_6014
糸と針は必ず相性の合うものを選びます。


普段は入荷したまま使いますが、研いで使う時があります。


IMG_6016
元々切れ味鋭いものですが、さらに必要な時があります。

IMG_6018
例えば五枚丈の踵部。

これは地下足袋をモデルにデザインしたからなのですが何枚もの革が重なっている場所があります。

IMG_6019
靴は表裏それぞれが重なってできているので、単純計算で6枚。もちろん漉いて調節してありますがそれでもかなりの厚みになります。
漉いている分角度もついているので非常に縫いにくい場所です。



重なりが増えると針を貫通させる時の抵抗で針がほんの少し歪んでブレるので折れてしまいそうになります。


そのリスクを避けるために研いで使うというわけです。



ちょっとしたことですが、その一手間で仕上がりが変わるというお話でした。


今日からは釣り込みに入ります!
それではまた明日。


------------------------------------------------------------------------
革靴寺子屋生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、音楽、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/15633049.html

実践革靴製作専門習得コースも立ち上げました。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22840528.html


075-414-0121
nojima@kikkabo.jp


副業で夜にアルバイトをしてみたいという方もおられましたらご連絡ください。
(募集締め切られせていただきました。また募集するかもしれませんがご検討いただいた方には申し訳ありません。)

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------
『お知らせ』

現在のオーダーメイド完成予定時期は
2023年1月末完成、2023年2月初旬お届け予定となっております。
お時間いただき申し訳ございませんがどうぞよろしくお願いいたします。

オーダー方法についてはこちらをご覧くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/cat_323072.html


靴磨きも承っております。是非ご利用くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22615170.html
------------------------------------------------------------

こんばんは。野島です。


IMG_5554

ステッチダウン製法で靴を作る時に使う道具は上記の6種です。(糊を含まず)

裏革を釣るところまではワニを使いますけどね。

道具は僕にとって身体と同じく全て大事です。

そして靴も歩くための道具。



道具を作るための道具というわけです。



人と他の生物を分ける大きな要素である「道具を使う」という行為。一部道具を使う動物もいますが、これほど高度に道具を使いこなせるのは人だけでしょう。

IMG_5555
より高度に道具を使いこなすために日々頭を使い体を使います。


人として普通に真っ当に生きることは意外と難しいですが、意識して前向きに暮らしたいですね。


それではまた明日。


------------------------------------------------------------------------
革靴寺子屋生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、音楽、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/15633049.html

実践革靴製作専門習得コースも立ち上げました。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22840528.html


075-414-0121
nojima@kikkabo.jp


副業で夜にアルバイトをしてみたいという方もおられましたらご連絡ください。
(募集締め切られせていただきました。また募集するかもしれませんがご検討いただいた方には申し訳ありません。)

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------
『お知らせ』

現在のオーダーメイド完成予定時期は
2022年12月末完成、2023年1月初旬お届け予定となっております。
お時間いただき申し訳ございませんがどうぞよろしくお願いいたします。

オーダー方法についてはこちらをご覧くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/cat_323072.html


靴磨きも承っております。是非ご利用くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22615170.html
------------------------------------------------------------

こんにちは。野島です。

昨日ブログを書いたつもりで書いてなかったというおとぼけが発動するほど激務でした。

さてサライ残しとは画像のようなことです。
IMG_5384
主にサンダル系に使われるちょっとしたアイデアテクニックで、裏革を少し残すことで釘を打つスペースを確保して製造中に形が崩れないようにしています。

IMG_20220704_103748

この二股の刃物はイチキリというもので、ミシンをかけた後に裏革の必要部分をカットする道具です。

そのカットすることをサライ(サラう)と言います。
IMG_5385

サラう部分を残すからサライ残しですね。


IMG_5386

あまりの表に出てこないちょっとしたテクニックのお話でした。

それではまた今夜。

------------------------------------------------------------------------
革靴寺子屋生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、音楽、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/15633049.html

実践革靴製作専門習得コースも立ち上げました。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22840528.html


075-414-0121
nojima@kikkabo.jp


副業で夜にアルバイトをしてみたいという方もおられましたらご連絡ください。
(募集締め切られせていただきました。また募集するかもしれませんがご検討いただいた方には申し訳ありません。)

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------
『お知らせ』

現在のオーダーメイド完成予定時期は
2022年12月末完成、2023年1月初旬お届け予定となっております。
お時間いただき申し訳ございませんがどうぞよろしくお願いいたします。

オーダー方法についてはこちらをご覧くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/cat_323072.html


靴磨きも承っております。是非ご利用くださいませ。
http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22615170.html
------------------------------------------------------------

こんばんは。野島です。


タックスと言ったら一般的には消費税とか広義で税金の意味ですが、靴屋でタックスと言ったら小さな釘の意味になります。

IMG_5334
税金のタックスはtax
靴屋の釘はtacksです。


仮留で使う鋲のような釘という意味が近いと思います。

IMG_5335
先端がものすごく細くできていて革にプスッと刺すことができるので打ち込むのも容易です。


吉靴房ではサボや踵単皮などの踵パーツの釣り込みの時に少し(片足8個くらい)使うのですが、一般的な靴は踵部分の釣り込みや踏まず部分の釣り込みなど片足で数十個使います。

要はたくさん使う大事な材料というわけです。


しかし最近靴業界に激震が走りました。
このタックスを製造する会社が倒産するとのこと。いや、引退かも。

いくつか種類があるのですが、実は一社が、それどころか1人のおじいさんが一手に引き受けてほぼ同じものをいくつかのパッケージにして販売していたそうです。

今材料屋さんからタックスが無くなり今後どうするかという話になっているそうです。


これは靴業界の悪いところが思いっきり現れた事象だと思います。

必要な材料なのに安く買い叩き参入していた会社が一社になり、1人になり、救済することなく自分達の首を絞める結果となったのです。


20年前にも浅草で似た状況を見てきました。


20年経っても成長しないこの業界は本当に痛い目にあった方が良いのかもしれません。


20年前は日韓ワールドカップの頃で、不法滞在していた外国人を安い賃金で働かせ、その外国人達が強制送還されると人件費が高くなり事業が立ち行かなくなる会社がバタバタ倒れました。


構図が同じため、僕にはため息しか出ません。


安い人件費を求める結末はこのようにはっきりと見えています。


安売り買い叩き競争は良い方向に向かいません。

業界には是非猛省していただいてほしいです。


僕も業界を反面教師として同じ轍を踏まないようにしたいと思います。

それではまた明日。




------------------------------------------------------------------------
革靴寺子屋生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、音楽、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/15633049.html

実践革靴製作専門習得コースも立ち上げました。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/22840528.html


075-414-0121
nojima@kikkabo.jp


副業で夜にアルバイトをしてみたいという方もおられましたらご連絡ください。
(募集締め切られせていただきました。また募集するかもしれませんがご検討いただいた方には申し訳ありません。)

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------

このページのトップヘ