「靴を作るが靴職人と呼ばれるのはちょっと・・・」つくりて野島と新人マキコのブログ

京都の手作り靴工房「吉靴房」で毎日手作りで靴を作る日々。 そして靴以外にも好きなものがあり、製作の合間の出来事も赤裸々に綴っていきます。 基本的にインドアなので、漫画、ゲーム、歴史、科学などなど。 靴作りと好きなことを中心に毎日更新します。 このブログは靴のつくりて野島とこれから初めて靴作りを学ぶ新人マキコの2人でお届けします。

カテゴリ: > ひの寸五(ヒール)

こんばんは。野島です。


現状できる限りのことをして、4.5cmヒールの踵単皮が完成しました。

まだヒールデザインの名前、総称というべきものが決まっていませんが、候補はあるので、近々発表できると思います。




IMG_6898


IMG_6900


以前婦人靴メーカーに勤めていた経験をフル投入して完成させることができました。鍛え上げてくださった先輩方、職人さん方に感謝しています。
浅草で勤めていたメーカーとお取引があった各種材料屋さんにも大変お世話になりました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

036


こちらは踵単皮です。
新作の方はいろいろ考えた結果、今回は踏みつけ踵部分を無しにしてみました。これはご要望がありましたらお付けできます。
画像で比べるとわかると思いますが、ヒールタイプの方が若干浅くしました。
並べないとわからないくらいにしたつもりです。

デザインバランスと履き心地を考慮した結果これがベストと思う深さにしました。




IMG_6901


IMG_6902

ひとまずスタッフの宇都宮にモデルをしてもらいましたが、また写真は取り直す予定です。
SOU・SOUのスタッフさんに是非とも協力していただきたい!



お着物にも合わせたいですね。着物でお越し頂いたお客様にお願いすることもあると思います。気が向いたらOKしてくださると喜びます。よろしくお願いいたします。










今日は教室でも足袋型が完成しました。
単皮の濡羽色単色です。

IMG_6911

もう何足も足袋型で製作されている生徒さんで、素晴らしい出来栄えです。
今日の教室でも話しましたが、釣り込みのセンスがとても良い方です。今後も楽しみです!


























こんばんは。野島です。


靴型製作、ヒール選定から始まり片足サンプルから修正→ファーストサンプル製作という一連の流れが一通り済みました。



ようやく新作ヒールデザイン完成です。



IMG_6811



長年ヒールデザインはずっとやりたくて考えていましたが、一番のネックはヒールの取り付け方法でした。
婦人靴メーカーに勤めていた経験から、機械で釘を打つという方法に負けない強度の取り付け方法の開発が長年の悩みでした。




IMG_6807



ヒールの取り付け方法はメーカーにいないとなかなか目にすることもありませんし、そもそもどのようにつけてあるのかも考えたことがないという方が大半です。




しかしながら、ヒールが突然外れたり、折れたりすると、怪我などの恐れがあり、その全ての責任をメーカーが請け負います。




作っている側の私からすると、歩き方なども原因の要因になったりすると思う部分もあるのですが、当然作った側の責任です。






ヒールは1本の太いビスと、4本の細い釘を中底から打ち込むことでその強度を保っています。




8cm以上のような高いピンヒールはヒール内部に金属のパイプが入っていて、中底から踏まず部分を補強するシャンクをビスが通りその金属パイプに突き刺さるようにして固定されることで強度が保たれます。






金属パイプやビスは確かに硬いです。








しかし、これはあくまで一般論ですが、普通に歩いているときで足に掛かる負担は1.2倍から1.3倍ほど、走ると約3倍、ジャンプして着地したときは約5倍ほどかかるといわれています。




体重50キロの方で、歩行中毎歩60~65キロ
          走ると150キロ
          ジャンプで250キロ


こんな感じに足に負担がかかっているそうです。




これを支え続ける足の構造は特筆すべきものだと思いますが、靴もその強度に耐える仕様にしなければなりません。







IMG_6809




そこで、メーカー時代の経験から、履き心地が良く、歩行に差し支えないヒールの高さで、デザインの幅が広く、ヒールのデザインも多数選ぶことのできる4.5cmに決めました。


ちなみにヒールは高くなれば高くなるほど、歩幅が狭くなり、歩行中の足が地面についている時間が長くなるという研究結果が出ています。



こういったことになりにくく、様々なデザインに対応でき、強度も保つことができる形状を選びました。

吉靴房では太いビス1本、やや細いビス4本の構成で革底とシャンクを通りヒールまで打ち込んであります。強度も通常のメーカー品以上となりました。






IMG_6812


今回の新作にあたり、新色でチャレンジしたかったということで、完成がこのタイミングになりました。






IMG_6816

まだ靴型が1足分しかないので、順番に製作しました。




IMG_6819



今までにない鮮やかな色合いの2足の完成です。




IMG_6820


まずはスタッフ宇都宮とマキコさんに試してもらって製品として発表できる段階になる予定です。







そして今回の経験を活かして、次のデザインと、足袋型ではないヒールデザインに取り掛かろうと思います!



是非楽しみにしてくださいませ!















こんばんは。野島です。



新作のヒール木型の修正が完了し、プラ型として出来上がりました。


IMG_6700


横から見るとこんな感じ。

IMG_6702

早く取り掛かりたい気持ちもありますが、これは1週間ほど熟考して、今はお客様の靴を最優先に仕事を進めています。




今日は足袋の釣り込みが完了したので、ステッチダウン製法のオーダーも進めました。


IMG_6698

濃茶のメダリオン内羽根短靴に手製竹ヘラを添えて。




IMG_6704

チャッカーやUチップも形になってきました。



IMG_6705


まだ足袋のデザインで釣り込みができてない物もあるので、追い込み作業でどんどん進めていきたいと思います。





お待ちいただいているお客様。どうぞ楽しみにお待ちくださいませ。
もう数日でご連絡できると思います!




















こんばんは。野島です。



今日は靴のヒールについて書いていこうと思います。
つくりて野島は7年弱ほど婦人靴メーカーに勤めていました。

その当時は婦人靴か~と内心思ったりすることもありましたが、今はその会社で働けたことにとても感謝しています。



そもそもデザインということについて、細部まで考えたことがなかった当時の僕は、ヒールの高さとそのヒールの種類の多さに驚き、その形状の難しさと技術に感動したものです。

PB020291


ちなみにヒールとは、靴の踵部に取り付け、靴に高さを出す部品。靴の踵のこと。
素材は古くは木、革、現代ではプラスチックが一般的です。

起源は主に二つの説があります。
ひとつは乗馬の際に鐙から足を外しやすくし、かつ騎乗の姿勢をよくするために踵を高くしたという説。
もうひとつはチョピンと呼ばれるデザインのような高下駄式の履物が起源となっているという説。

チョピン



他にもいろいろ言われてはいますが、俗説やどうも嘘らしいということもあるようです。




さて、最近新しい試みということを何度かこのブログで書いたりしていましたが、ヒール付のデザインを製作中です。





やっと頼んでいたヒールが揃ったので、今のところこんな感じ、というような記事になりますが、途中経過も毎日のブログに欠かせない要素と思い、記録したいと思います。






IMG_6612

IMG_6613

靴型も修正している最中ですので完全に暫定ですが、今のところ上記のヒールをメインに考えています。
ぶっつけヒールと呼ばれる形状で、このヒールに革を巻いてビスで留めます。






IMG_6614

IMG_6615

これはかなりボリュームがあるストレートなタイプのヒールです。
これはブーツとかで使おうと思います。





IMG_6616

IMG_6617

今回ヒールを探す旅にでて、以前勤めていた会社でもお世話になっていたヒール屋さんで薦めていただいたこちら。
自分の中ではイメージがなかったデザインでしたが、さすがに本職の方にお話を聞いて使いたくなったデザインです。これはどんなデザインにしようかまだ悩んでいますが、いい形なんですよね~。
今は保留ですが、いつか必ず使いたいと思います。





IMG_6618

IMG_6619

これはマクリヒールと呼ばれるタイプのものです。一番上のハイヒールの画像での製法がマクリと呼ばれるもので、ヒールの前方(アゴ)にソールを貼って仕上げるものです。




これに関してものすごく悩んでいます。
というのは形状はものすごく合っているんですよね。木型にセットして、全く違和感がありません。
というか、こういう形状を求めて浅草に行ったのですが、現状の設備だと、製作方法的になかなか難しいところがあり、製作方法でクリアしないといけない課題が現状あります。




ただ・・・ただ・・・




形はすっごい好みです。

これも使うと思います。






現状報告は以上です。






ヒールに関しては、お椀の形状や設置。巻きやスタックや塗り、その他もろもろ話したいところがたくさんあるのですが、今回はここまで。



またお伝えする機会があると思いますので、楽しみにしていただければと思います。











































このページのトップヘ