「靴を作るが靴職人と呼ばれるのはちょっと・・・」つくりて野島と新人マキコのブログ

京都の手作り靴工房「吉靴房」で毎日手作りで靴を作る日々。 そして靴以外にも好きなものがあり、製作の合間の出来事も赤裸々に綴っていきます。 基本的にインドアなので、漫画、ゲーム、歴史、科学などなど。 靴作りと好きなことを中心に毎日更新します。 このブログは靴のつくりて野島とこれから初めて靴作りを学ぶ新人マキコの2人でお届けします。

カテゴリ: >

ゴミをもっと減らすにはどうしたらいいのか毎日頭のどこかにある野島です。こんばんは。




手仕事を生業としている僕としては、手で何とかできるものはなるべく何とかしたいと思っています。
今の工房は廃墟寸前イタチの巣になっていた物件を1ヶ月の特急DIYで壁をはがし、天井をはがし、床をぶち抜き、壁を貼って、ディスプレイできる棚を作り、なんとか今の状況にしました。




140




今とあまり変わってないですが、これは引越し当時の写真です。笑





先日革についての記事でなるべく隙間なく型入れして無駄のないようにと書きましたが、どうしても靴にできない部分などがあり、そういった革の残った部分は靴以外の何かを作ったりします。





最近のお気に入りはヌメ革の蓮です。



P1013384



漉いて花びら感を出したバージョンと、






P1013382


厚いままヌメ革の良さを前面に出したバージョンとがあります。
両方ともお香立てとしてもお使いいただけます。



雑貨類は吉靴房のサイトでもページがあるのですが、まだ1点1点表情の違う作品は載せることができてません。全部顔が違うのですが、どうしたらいいものでしょうか。
ご理解いただければいいのですが。。。
工房で見ていただけますので、是非工房や個展会場で手に取ってみてくださいね。







P1013378

ハンギングの鉢カバーもあります。
これは吉靴房の入り口にかけてあるので外からでもご覧いただけます。


入り口にはこんなものも。

101 (2)






P1013377

庭にあった石ころを余った革で包んで、ステッチダウン風に手縫いしてみました。
文鎮に使えるかな?笑
すごく気に入っています。









P1013385

キーホルダーもヌメ革で作ってみました。
これが壊れる姿が想像できないほど屈強な作りになっています。










ランダムな形に残るヌメ革の破片を水に濡らして引っ張って、重ねて、カシメで留めて籠にして使う。
これはライフワークとしてやっています。
花シリーズと籠はずっと作り続けたいですね。


P1013386







シューケア用品を入れるのにもいいですよ!
下駄箱の上に置くだけで、たまに靴磨きをしたくなります。





P1013392










P1013376


丸かばんを作ったときに必ず残ってしまうちょっと変わった残り方の端材も結んで壁の飾りになったり、最近はスタッフの飼っている可愛いインコちゃんのおもちゃになっています。







中型のインコには噛み応えがちょうどいいみたいです。
これインコのおもちゃとしていかがでしょうか。ひっくり返りながら楽しそうに噛み噛みしてるみたいです。









靴をつくりつつ、このようにいろんな形に楽しく手作りをしています。
息抜きにもなりますし、皆さんも手作りを是非楽しんでくださいね!

最近子供と行くカラオケが楽しいです。
こんばんは。野島です。




今日は吉靴房で使っている革について解説です。




革在庫



吉靴房では主に牛革と豚革、それとメイン素材として牛ヌメ革を使っています。

世の中には本当にたくさんの種類の革があって、それぞれの革屋さんが毎シーズン定番商品以外にファッション性の高いトレンド物を打ち出し、それが何色もあって目移りします。





革の種類としては、牛、豚、ヤギ、ひつじ、馬、ダチョウ、へび、とかげ、鹿、などなどたくさんの種類が存在します。それぞれ特徴の違いがあり一長一短といったところですが、今回は吉靴房で使っている革にスポットを当てて説明するので、細かくは省きます。






まずなぜ吉靴房では牛と豚の革しか使っていないのか。
これは革という存在が、人間が肉を食べた後でしか基本的に作られないからです。

要は捨てずに利用しているという状態です。
人間はどうしても他の生物から栄養を摂取しなければならず、これを美味しんぼでは原罪と呼んでいましたが、避けることができないことだと思います。


だからこそ、食べた部分以外もただ捨てるのではなく感謝の意識を持って使う。
革はそういう意味で、人間の英知の産物といえると思います。







140 (2)


僕自身日常的に食べる肉は牛、豚、鶏で、それ以外は特別な機会がない限りなかなか食べる機会がありません。


そういった理由で靴屋としてつくりて野島が使う革は牛と豚のみとしています。



それも基本的にほとんど捨てることがないように裁断するということを目指しているので、上記の画像のような型入れになります。






そもそも「かわ」を革と表記することには意味があります。

皮は英語でSKIN
革は英語でLEATHER

の意味です。


すなわち、皮は皮膚やなめされていないもの
革は加工としてなめされているものということになります。








牛革は年齢と性別で種類が分かれます。



カーフ 生後6ヶ月くらいまでの子牛の革
キップ 生後6ヶ月から2歳くらいまでの中牛革
カウ  2歳以上の成牛革
ステア 生後3~6ヶ月以内に去勢したオスの成牛革
ブル  3歳以上の繁殖用オス牛の革



このように分かれています。若いほどキメが細かくて薄く、大きいほど厚くキメが荒いです。
吉靴房の商品のアッパー部分はほとんどキップを使っています。



カーフほど薄くなく強度があり、カウよりも肌目が決め細やかだからです。









ヌメ革とは植物タンニンなめしを施された革で、染色や塗装仕上げをしていない革のことを言います。



101 (2)






286




表面に加工をしていないので、水を吸いやすいのですが、濡れた状態で成形するとそのまま乾いてその形がキープされる特徴があります。



それを利用したのが靴の中底や革下駄や、工房のランプシェードだったりします。



熱に反応しやすいというのも特徴で、低い温度での焼印がしやすいです。



097 (3)



いかがでしたでしょうか。
吉靴房ではこういった形で革と接しています。
ご質問などございましたら、コメントいただければと思います。








このページのトップヘ