「靴を作るが靴職人と呼ばれるのはちょっと・・・」つくりて野島と新人マキコのブログ

京都の手作り靴工房「吉靴房」で毎日手作りで靴を作る日々。 そして靴以外にも好きなものがあり、製作の合間の出来事も赤裸々に綴っていきます。 基本的にインドアなので、漫画、ゲーム、歴史、科学などなど。 靴作りと好きなことを中心に毎日更新します。 このブログは靴のつくりて野島とこれから初めて靴作りを学ぶ新人マキコの2人でお届けします。

カテゴリ: > 沓履(とうり)吉靴房のメインテーマカテゴリー

こんばんは。野島です。


踵単皮(あくとたび)は吉靴房の履物の中でも僕自身が革下駄と並び、最も履いているのではと思うデザインです。

IMG_9480
(こちらはSOU・SOUさんでの新色の鉛色です)


このデザインはサボタイプの中でも甲がかなり深めのデザインとなっております。
足袋型のデザインはセンターで縫う形状なので、ここまで深く形作っても問題ないのですが、以前から足袋型ではなくラウンド型でできないかという要望を何度かいただいていました。



なかなか手がけていなかったのは単純に難しいからでした。



でもついに新作として作ることができました!


IMG_9346

IMG_9348

長年踵単皮を作り続けてきて、手順や工程の最適化、さらにここをこうするとより良くなるというコツが少しずつですが積み上がることで問題なく作ることができました。



IMG_9474

全黒仕様もいい感じにできました。
黒の革は硬めに仕上がってくることが多いので釣り込みに注意が必要です。



脱ぎ履きがしやすいというのが一番の利点です。
あらゆるコーディネイトに対応できるデザインだと思います。いかがでしょうか。



それではまた明日。


------------------------------------------------------------
『お知らせ』
現在のオーダーメイド完成予定時期は
5月末完成、6月初旬お届け予定となっております。
どうぞよろしくお願いいたします。
------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------------------
革靴製作教室生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、音楽、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/15633049.html

075-414-0121
nojima@kikkabo.jp

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------



-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------






















こんばんは。野島です。


最近新作を作りたくてもなかなか手が回らなくて作れてなかったのですが、やっと完成しました!

草鞋をモチーフにしたブーツ型のサボという表現になるちょっと変わったインパクト絶大の靴です。


IMG_9285


名前は「かわじ」としました。
革で作ったわらじ。そのままですね。ちょっと

かわらじ

という名前にしようかと迷ったのですが、今回は3文字がいいなと思ったのと、なんかオリラジっぽいような・・・

というわけで「かわじ」です!


IMG_9284

あくまでヌメ革で作った紐メインということで、やや厚めの革の本体はライニング(裏革)なしの一枚仕立て。

履き口は折り曲げることができます。



IMG_9279

ヌメ革の紐はもう自由に巻いていただければOKです。

IMG_9293

革靴なのに草鞋の雰囲気を出すというのは吉靴房を立ち上げる前からずっと課題で、やっと今の生活に合う形を実現できました。



IMG_9292

インパクト絶大なこちら、4月の個展でご覧いただけるように仕上げます。





IMG_9274

今日はサンプルやお直しを進めた他、ご近所でお世話になっているお花屋さんに竹をいただいたので、それを筒状にカットしてグラインダーで仕上げたり、


IMG_9277

そのグラインダーのヤスリ部分を交換したりしました。


常に一番良い状態で仕事をすることが作品にも影響するので、道具や機械にはほんの少しの変化も見逃さないように気をつけています。



今月は確定申告の準備もしながらだったので、お直しが少し遅れてしまい大変申し訳なかったですが、ようやく仕上がりました。

これからオーダーに集中して製作にかかります。



デザインウィーク京都などイベントも控えていますので、手洗いうがいを入念にしながら仕事を進めたいと思います。



それではまた明日。



------------------------------------------------------------
『お知らせ』
現在のオーダーメイド完成予定時期は
5月末完成、6月初旬お届け予定となっております。
どうぞよろしくお願いいたします。
------------------------------------------------------------


------------------------------------------------------------------------
革靴製作教室生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/15633049.html

075-414-0121
nojima@kikkabo.jp

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------



-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------



































こんばんは。野島です。


ここ数年成人式で吉靴房の靴を履いてくださるお客様が少しずつ増えてきました。
ありがとうございます!


うちの特徴が出ているデザインをお選びいただくことが多いので和装に合わせていただいていると思います。


こんなデザインを選んでいただいているという商品を紹介してみようと思います。



五枚丈(ごまいたけ)
この商品は黒、白と両極端な色がお選びいただいております。
ブーツ型なのに脱ぎ履きがしやすいというのも人気の理由の一つだと思います。

P3089214

P7178436




御沓(おくつ)
日本古来の浅沓をモチーフに作ったデザインです。
和装のボリュームと相性がとてもいいです。

IMG_3574


革下駄
革下駄製作工程
こちらは説明不要な革の下駄、草履型デザインです。
寒い時期でも足袋や足袋型靴下で履いていただいているようです。
ヌメ革は滑りやすいので滑り止め付きの足袋や靴下を使って頂く方が良さそうです。

P1137811


踵単皮(あくとたび)
サボタイプなので式の後の飲み会が座敷でもとても便利だと思います。
こちらは黒が人気です。

PB294305

P1309002

ソールを含め全て黒でというご注文も増えてきました。





今年も成人式にご注文いただきました。
本当にありがとうございます。

IMG_8695


IMG_8780



成人式が終わっても、長く愛用していただけるように精一杯お作りいたします。
少しでも日本の文化に貢献することがまさに僕の喜びです。


それではまた明日。



------------------------------------------------------------
『お知らせ』
現在のオーダーメイド完成予定時期は
3月末完成、4月初旬お届け予定となっております。
どうぞよろしくお願いいたします。
------------------------------------------------------------


------------------------------------------------------------------------
革靴製作教室生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/15633049.html

075-414-0121
nojima@kikkabo.jp

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------



-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------
































こんばんは。野島です。


静岡県出身の僕にとって意識せずとも入っていた風景の一つに棚田があります。
棚田は段々畑ともいい、どちらかというと僕にとっては段々畑の方がイメージに合っていました。


その原風景を何かデザインできないかと思い出来た形が段々サボ(足袋先丸)です。

足袋型モデル
062


先丸モデル
PC310600


もうこれは説明不要の形をしております。
段々にしたかったのです。

履き口にはベルクロがあり調節可能なサボになっています。


PC010563


PB021473

脱ぎ履きが特徴の日本の生活につっかけタイプの履物は欠かせないと思います。
是非お好みの色でイメージしていただければと思います。



ちょっとしたデザインですが、踵が乗る辺りの形状はこのデザインだけ角型をしております。
実は少しだけ棚田や茶畑の端っこをイメージしました。

誰も気づいてくれなかったので、自分で書いていくスタイルです。




それではまた明日。


------------------------------------------------------------
『お知らせ』
現在のオーダーメイド完成予定時期は
3月末完成、4月初旬お届け予定となっております。
どうぞよろしくお願いいたします。
------------------------------------------------------------


------------------------------------------------------------------------
革靴製作教室生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/15633049.html

075-414-0121
nojima@kikkabo.jp

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------



-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------
























こんばんは。野島です。


ド派手な革足袋靴ができました。
以前から箔を使った商品を摸索していたのですが、ようやく耐久性や柔軟性などの部分で納得ができる革が手に入ったので2足試しに作ってみました。




IMG_8533

五枚丈と踵単皮です。

踵単皮は革底のダブルソールにゴム貼り仕様にしました。
この仕様も今後のオプション仕様にするための確認です。




IMG_8535

IMG_8534

五枚丈はSOU・SOU×吉靴房仕様になっております。


それにしてもマイケルジャクソンが履いても喜んでいただけそうな見た目になったように思います。







IMG_8537

踵単皮は普段の濡羽色仕様のアッパーを色を反転させて状態です。

このアッパーに革底を装着しました。



IMG_8541

革底のダブルソールという仕様で名前の通り分厚いレザーソールの2枚重ねとなっております。


IMG_8539

さらに滑り止めのゴムを貼り履き心地もアップさせています。

明日から早速試してみたいと思います。





それではまた明日。




------------------------------------------------------------
『お知らせ』
現在のオーダーメイド完成予定時期は
2月末完成、3月初旬お届け予定となっております。
どうぞよろしくお願いいたします。
------------------------------------------------------------


------------------------------------------------------------------------
革靴製作教室生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/15633049.html

075-414-0121
nojima@kikkabo.jp

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------



-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------


































こんばんは。野島です。


今日は事務仕事多めの日でした。月初めはだいたいこんな感じのリズムで、月末の作業による遅れを取り戻すべく進めます。

さて今日は爪籠内型の紹介です。



P7178444


足袋型の内羽根のブーツです。

デザインを考えるときは長く使っていただける形を常に頭に置いています。
革靴で足袋型というだけでだいぶ珍しい靴型なので、紐穴の位置、履き口のカット、センターラインなど、目に入る部分はなるべく定番のシルエットや形状を意識しています。


P3199226

ソールはワークブーツで使用されるタイプの中で比較的柔らかく、履き心地が良い物をセレクトしました。


ソールの色は黒と白があります。



P1013538

P1013537

通常仕様ではミッドソールを入れておりませんが、ご希望により画像のような形状にできます。
履き心地が更に良くなるのでぜひご検討くださいませ。


P1012644

本体の色が変わるとまた印象が違いますね。
10以上の色からお選びいただけます!



爪籠とは
〘名〙 (「つまかわ(爪皮)」の変化した語か) 草鞋(わらじ)の先や全体につける藁(わら)製のおおい。また、そのように作った藁製のくつ。多く雪道に用いる。《季・冬》

コトバンクより




リンク先をご覧いただくとわかるように、元々藁で爪先を保護する形状全般のことを指す名前なのですが、籠という文字が入っているため、僕の中でどうもイメージのズレがあったので、藁で作った北国の雪靴をイメージに取り入れ、

雪沓

こっちの方が爪籠っぽいという理由から名前を拝借しました。


内型は内羽根型の略です。
いずれ外型も作りたいと思っています。



P1012664

P1012661

厚底にしてみたり、ファスナーをつけたりできますので、是非オリジナリティを求めて遠慮なくご質問くださいませ。


P1013596

ちょうど先月このグレーのシボ革でも作ったのに、痛恨の写真撮り忘れをやってしまいました!!!
SOU・SOUさんの店頭にあると思いますのでご覧いただければと思います。



いかがでしたでしょうか。
シンプルに作り上げたからこそ、色々アレンジができるデザインだと思います。
是非お試しくださいませ!


ではまた明日。



------------------------------------------------------------------------
革靴製作教室生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

075-414-0121
nojima@kikkabo.jp

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------


-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------
















こんばんは。野島です。


現状できる限りのことをして、4.5cmヒールの踵単皮が完成しました。

まだヒールデザインの名前、総称というべきものが決まっていませんが、候補はあるので、近々発表できると思います。




IMG_6898


IMG_6900


以前婦人靴メーカーに勤めていた経験をフル投入して完成させることができました。鍛え上げてくださった先輩方、職人さん方に感謝しています。
浅草で勤めていたメーカーとお取引があった各種材料屋さんにも大変お世話になりました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

036


こちらは踵単皮です。
新作の方はいろいろ考えた結果、今回は踏みつけ踵部分を無しにしてみました。これはご要望がありましたらお付けできます。
画像で比べるとわかると思いますが、ヒールタイプの方が若干浅くしました。
並べないとわからないくらいにしたつもりです。

デザインバランスと履き心地を考慮した結果これがベストと思う深さにしました。




IMG_6901


IMG_6902

ひとまずスタッフの宇都宮にモデルをしてもらいましたが、また写真は取り直す予定です。
SOU・SOUのスタッフさんに是非とも協力していただきたい!



お着物にも合わせたいですね。着物でお越し頂いたお客様にお願いすることもあると思います。気が向いたらOKしてくださると喜びます。よろしくお願いいたします。










今日は教室でも足袋型が完成しました。
単皮の濡羽色単色です。

IMG_6911

もう何足も足袋型で製作されている生徒さんで、素晴らしい出来栄えです。
今日の教室でも話しましたが、釣り込みのセンスがとても良い方です。今後も楽しみです!


























このページのトップヘ