「靴を作るが靴職人と呼ばれるのはちょっと・・・」つくりて野島と新人マキコのブログ

京都の手作り靴工房「吉靴房」で毎日手作りで靴を作る日々。 そして靴以外にも好きなものがあり、製作の合間の出来事も赤裸々に綴っていきます。 基本的にインドアなので、漫画、ゲーム、歴史、科学などなど。 靴作りと好きなことを中心に毎日更新します。 このブログは靴のつくりて野島とこれから初めて靴作りを学ぶ新人マキコの2人でお届けします。

カテゴリ:漫画 > ハンターハンター

こんばんは。野島です。
(マキコサンハマチガイナクテンネンデス)


僕が最も好きな漫画のひとつであるHUNTER×HUNTERのなかで「念」という概念があります。
この念は簡単にいうとオーラや気のようなものなのですが、非常に細かく設定を決められています。

何が凄いかというと、この念能力の設定を使うとほとんどの漫画の特殊能力が説明できてしまうほど、理屈が通っていて、納得させられてしまうというところです。




HUNTER×HUNTERの中では水見式と呼ばれる系統を判断する方式が確立しているのですが、ヒソカという敵キャラの中でも非常に人気の高いキャラが血液型性格判断と同じような感じでオーラ別性格分析を披露しています。





単行本7巻のNo.062とNo.063の間のページにある全てヒソカの独断と偏見というオーラ別性格分析が以下になります。

強化系  単純一途
操作系  理屈屋・マイペース
変化系  気まぐれでうそつき
放出系  短気で大雑把
特質系  個人主義者・カリスマ性あり
具現化系 神経質



7巻の時点での話の段階でも非常に考えられた設定と思っていたのですが、現在36巻までこれは踏襲されていて、さらに細かく分類されているようにも思われます。

例えば36巻に出てきますが、操作系の中での能力でも要請型・強制型・半強制型と分類分けできるようです。これは実際に能力を使用したときに要請型はその他に比べて少ないエネルギーで多くの人間を操作できるという特徴を表します。


こういった細かい設定に僕はホクホクしてしまうのですが、今回は性格分析を吉靴房のスタッフに当てはめてみようという企画です。



まず私つくりて野島ですが、完全に操作系ですね・・・理想は強化系だったのだが(クラピカのセリフ)
とにかく答えとそこにたどり着くまでの理屈、理論、根拠、理由、所以、筋道をとても重視します。そこがとても面倒くさいとよく思われる人間です。ものづくりにはきっといいはずと考えていますが・・・。時と場合によっては女性にキレられます。
神経質な部分もあったりするので、後天的に特質系になったりするかもと決め付けています。

漫画内のキャラでいうとイルミ、ズシ、シャルナーク、ゴレイヌという感じでしょうか。

ハンターハンターのファンサイトで100問ほどの設問に答えると系統がわかるというサイトがあり、スタッフとみんなでやってみたところ、僕は上記とほぼ同じ答えになりました。



マキコ
放出系よりの強化系ですね。うん、間違いない。これは主人公ゴンとほぼ同じですが、テンネンキャラなところがあり、とにかく決めたらテコでも動かない一途さがあり、一直線なところもあるので間違いないでしょう。
細かいことは気にしないワカチコワカチコ的なところが突然出てくるときがあるので、放出系寄りです。

漫画内でいうと
ゴン=フリークス、フィンクス、ウボォーギンといったところでしょうか。



宇都宮
操作系に見えて実は具現化系ですね。手順を考えて実行するのが得意で非常に効率のよいやり方を好みます。ある意味ではマイペースですが、でも物事の理屈は僕と違ってそこを考えるのはあまり好みません。

漫画内でいうとシズク、ボノレノフ、ヂートゥといったところでしょう。

某診断サイトでも具現化系と診断されました。


水谷
完全に放出系です。
短気で大雑把。これ以外いいようがないです。恐ろしく天然でしかも自分がしていることに絶対の自信をなぜか持っているので、大雑把であることに気づかないほどの大雑把です。ものづくりに向いてないと思えるほどの系統ですが、神経質なところがぼくや宇都宮に比べて全然ないので、全身が真っ黒になるような仕事でも気にせず立ち向かうというメリットがあります。

この超天然は他のあらゆる天然を凌駕するので、某診断サイトでは100問もの設問に答えたのにも関わらず、
「すみません。わかりません。」という診断がでました。(笑)
そうでしょうそうでしょう。ある意味特質系です(カリスマ性なし)






吉靴房のキャラが少し伝わったでしょうか。
まだ
HUNTER×HUNTERを読んだことがない方は10周読みましょう!
そして僕とハンター談義をしましょう!








































夜更けにこんばんは
マキコです








前回の記事で
野島さんがネテロ会長について

だいぶ熱く語っていましたね。笑






HUNTER×HUNTERについて
少し乗っかる感じで

私も少し書いてみようと思います

















HUNTER×HUNTERは
私も好きなんですが

野島さんみたいに
熱く語れるほどではないです。笑









少年ジャンプで
連載が開始された時に

キメラアント編の途中ぐらいまで
読んでいました


その後何年かして
単行本で続きを読みましたが

キメラアント編は
最後まで読めていないです











コアなファンの方には
大変申し訳ないのですが

私はこの
漫画が始まった頃のお話がとても好きで

というかね
もうね

途中から難しくて
よくわからなくなってしまってね。笑












よく知らないのに
HUNTER×HUNTER好きです!って

言ってる感じです














HUNTER×HUNTERに出てくる
キルアというキャラクターがいるのですが

まーーーーーー

好きです。照








想像つくかもしれませんが
幽遊白書は飛影が好きです


わかりやすいですね。笑










さて本題に入りますが

主人公のゴンには
育ての親の
ミトさんという人がいます





そのミトさんからの教えを
ゴンが話す場面があります




何度も読み返したりしているわけではないので

前後の繋がりは
あまり覚えてないのですが…







その人を知りたければ
その人が何に対して
怒りを感じるかを知れ








この言葉に

当時10代だった私は







ほああああああああ
ってなりまして







なるほどなーって








確かにそうですよね


何を言えば喜ぶのか
何をすれば喜ぶのか

これって

ほとんどの人に
共通する部分があるのかなって思います




だけど
何に対して怒るのか
何をされたら嫌なのか


まぁ
これもある意味
みんな同じじゃない?ってところが
あるかもしれませんが…

そこは常識の範囲内で
考えていただくとして








何に対して怒るのか
これは十人十色なのかなぁって





逆鱗に触れるというか
これだけは許せない、的な


そういうのって
人によって違いますよね











誰かのことを
深く知りたかったら

まずはそこからなのかもしれません










なんだか今日は

まとまりのない内容に
なってしまいました(´・ω・`;)





どう締めたらいいのか
わからなくなってしまい


何度も読み返し
何度も修正して

それでもグダグダです。笑













無理矢理まとめると


HUNTER×HUNTER好きです!

ミトさんの名言が
ひどく心に響きました!














以上です!笑

HUNTER×HUNTERは単行本が出るまでジャンプの連載を切り抜いて保存して何度も読み込むほどの大ファンです。




もともと幽遊白書はジャンプ連載中に欠かさず読み、その後レベルEは単行本を買って読んでましたが、HUNTER×HUNTERはそれらを遥かにしのぐほど面白いと思っています。







内容をご存じない方にわかりやすいようにざっくり説明しますと
「主人公の少年ゴン=フリークスが会った事のない父の職業であるハンターになるために仲間と絆を深めながら試験をクリアし、父を探す旅の中で様々な困難や闘いを乗り越えていく」というマンガです。

この世界には念能力という気やオーラのような特殊な能力が存在し、その能力を修行し高めながら極めていくというような世界観があります。


またそのうちこの念については別記事にして解説します。
ひとことでお伝えすると、この念は全てのマンガの能力を論理的に説明できてしまうくらい緻密にできています。











非常に緻密なストーリー構成で話し出したらエンドレスになってしまうので、今回は僕の中で最も印象が強く大好きなキャラをまず紹介していきたいと思います。







はい!ドーン!





ネテロ画像




ネテロです!
このコマの絵がもうほんとに好きすぎて拡大して工房に飾る寸前にスタッフに止められました。笑




このおじいちゃんなのですが、作中では人類最強と思われます。
現在までの作中の最強の敵であったメルエムに28巻の中で「個の極地」と言わしめるほどの強さです。




百式観音という能力を使うのですが、25巻に彼の修行風景が描かれていて、もうその描写に悶絶しました。




「己の肉体と武術に限界を感じ、
 悩みに悩みぬいた結果
 彼がたどり着いた結果(さき)は感謝であった」



もうこれだけで私悶絶です。。。



たどり着いたさきは感謝なのです。





そこで彼がとった修行方法は
自分を育ててくれた武道に



「一日一万回の感謝の正拳突き!」だったのです。




 気を整え 拝み 祈り 構えて 突く
 一連の動作を一回こなすのに当初は5~6秒
 一万回突き終えるまでに
 初日は18時間以上を費やした



 突き終えれば倒れるように眠る
 起きてまた突くを繰り返す日々
 2年が過ぎた頃 異変に気付く
 一万回突き終えても 日が暮れない



 齢50を越えて 完全に羽化する
 感謝の正拳突きを一万回 1時間を切る
 かわりに祈る時間が増えた





いやぁもう最高です・・・
素敵過ぎる・・・







画像はその極めた先の、さらに極限の戦いの中の祈る所作
この絵の神々しさに完全にやられてしまいました。








僕自身ものづくりを仕事としているので、全ての世界観を表現している漫画家さんは憧れの職業です。
その中でも上記の絵は1~2を争うほどの最高傑作の1コマだと思っています。



あんな作品を作りたい。。。
お客様にお届けしたい。そう思って毎日精進していきます。






忘れてはいけないのはそう


感謝!


そのとおりだと思います!




HUNTER×HUNTER談義できる方吉靴房に足をお運びくださいませ!




このページのトップヘ