おはようございます!









裏型の次は断ち型です

今まで同様
甲型を紙に写していきます




そして折り込みをする部分に
折り込み代7mmを取りカットします








断ち型用の紙はしっかりとした厚紙で

写したあと包丁で切り始めたら



ん?

切れない?





また包丁が上手く研げなかったか…と
包丁を研ぎ始める









これをしばらくループしてました












そこで
私の作業を見ていた野島さん


「包丁の角度が悪いね
 持ち方が違う
 包丁はもっと立てた方がいいよ」







ふむふむと言われるがままに直し
また厚紙を切ってみました











すーーーーーっ























なんということでしょう
(某番組風。笑)



















切れたわ切れた!













包丁が切れるだけではダメなんですね
やっぱり
技術あってのもの


包丁を砥ぐ技術

包丁を使いこなす技術



これらが備わってないと
切れるものも切れない



イコール仕事ができない














たくさん砥いで
たくさん切ろう





















昨日はバスに乗って
四条河原町までお出かけしました♪


行きはすんなり行けたのに
帰りがががががが(´・ω・`;)








行きはよいよい
帰りはこわいってやつか!違













でも
100円ショップのSeriaに寄って
大収穫があったからよしとしましょう♪





おすすめ100均グッズはありますか?






それではまた明日(*´ω`)








------------------------------------------------------------
『お知らせ』
現在のオーダーメイド完成予定時期は
3月末完成、4月初旬お届け予定となっております。
どうぞよろしくお願いいたします。
------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------------------
革靴製作教室生徒募集


吉靴房で革靴や革製品を手作りしてみませんか。

型紙、革の裁断、ミシン、釣り込みなど全ての工程を、
ものづくりが初めての方も楽しく作ることができます。

作りながら靴や革の専門的な話から、ニュースや歴史、
スポーツや漫画やゲーム、哲学から天文学、心理学など
いろんなジャンルのいろいろな会話を楽しみながら靴を作れる教室です。

デザインは吉靴房製品からオリジナルまで手作りで出来るものなら何でも自由!
材料費込みなので失敗を恐れず作ることができます。

進み具合は生徒さんそれぞれ全員違いますが、
スタッフ一同で全力でサポートいたします。

ちょっと興味あるかなという方から、
本格的に学びたい方までお問い合わせお待ちしております。

http://kikkabo.livedoor.blog/archives/15633049.html

075-414-0121
nojima@kikkabo.jp

お問い合わせは野島まで。よろしくお願いします。
--------------------------------------------------------------------------

-----------------------------------------------------------------------------
吉靴房では足の採寸を広める活動をしていきます。
靴や足に関わる同業者の方、整体の先生、
ウォーキング指導者の方、スポーツ関係者の方、
靴下屋さんなどなど
ご興味ある方はご一報くださいませ。

nojima@kikkabo.jp
075-414-0121

どうぞよろしくお願いします。
-----------------------------------------------------------------------------