こんばんは。野島です。



剣道は20年以上やっているので、まだ靴屋としてのキャリアは追いつけていません。
一昨年から剣道に復帰し、京都剣道連盟にも加入させていただきました。
今後は一応段位を上げることも目標としたいと思っています。少しだけですが。




今の仕事には子供の頃からやっていた剣道がものすごく活きていて、親や先生方に感謝しています。





一般的に武道は礼儀正しく育つとか、上下関係が身につくとか、心が鍛えられるといったメリットが語られますが、確かにその通りと思います。ただ僕が物作りですごく活きていると思うのは、体の使い方です。






剣道は武道の中では珍しく、竹刀という武器である道具を持ちます。
剣の理法の修練による人間形成の道であるというのが剣道の道ですが、この理法、理合は心ももちろんですが、体の至るところの使い方も含まれます。





例えば、力の抜き方。
緊張するときにこそ力を抜くというのは、武道、スポーツ全般に言えることですが、靴を作るときに使う「ワニ」や「ぽんぽん」、そして「革包丁」など、全てに通ずるところがあります。


手首の角度、脇の締めかた、当たる面への意識、インパクトの瞬間の握り、小指の使い方、力の加減など多岐に渡ります。


スタッフや教室などで指導するときに意識しながらお伝えします。




武道と唯一違うのは下半身の使い方だけといっても過言ではありません。





子供の頃から指導してくださった先生方には、こういった部分を叩き込んでいただき足を向けて寝れません。本当に感謝しています。
おかげさまでプロとして独立してから、ただの一度も大きな怪我をしたことがありません。
これは心ももちろんですが、体の使い方を教えていただいたからだと思います。




今後もこのような意識を持って製作に打ち込みたいと思います。