おはようございます!





前回まで終わったところで

特殊ミシンを使う縫い屋さんに
出し縫いをお願いして

こんな素敵な感じになりました♡\(*ˊᗜˋ*)/♡



IMG_2304



箱から出して
写真を撮れば良かったかな…




意識低い系です(2回目)








わかりにくいかもしれませんが
糸は赤をチョイスしました!


黒、白、赤の三色から選べると言われ

悩みに悩んだ末
派手にいこうぜ☆的な考えにいたり

赤に決定♪






とっても可愛くて大満足







デザインを選ぶのはもちろんですが
やっぱり
色を選ぶのって楽しいです(*´ω`)









さてここから

糸の端を処理します







・・・・・。








なんということでしょう
写真がありません







意識低…(略)











吉靴房への長期滞在が
2回目ということもあり
少し慣れてきたのか
緊張が緩んでしまっているのかな















写真を残す!






まぁ
今夜京都を発つんですけども













 






糸の処理ができたら

今度は
縫ってもらったところの糸をなじませるため
底側からハンマーで叩きます



IMG_2311




膝を使い(膝の上に乗せて)
ハンマーでガシガシ叩くわけなんですが

衝撃をもろに受けるので
膝が痛くてですね(;´・ω・)




途中で半泣きになるほど。笑












伝わるかどうかわかりませんが

20才前後の頃
友達とバレーボールを始めて

慣れないレシーブをたくさん受けて
手首付近が真っ青になったことがあります



多分そんな感じ









あとからクッション代わりに
タオルを当てさせてもらい

少し楽になりました










叩けたら甲側に戻し

糸から1センチ強の幅で
コンパスで印をつけていきます


これも写真がないな( ̄∀ ̄;)スミマセン












印をつけたら
その線に沿って
包丁で余分な革を落とします


この工程が
タイトルの通り

撃沈することになるのでした












足の土踏まずのあたり
靴の内側ですね

この部分を切るのが一番難しいので

出来なさそうだったら声をかけてくださいと
言っていただいたにもかかわらず



きっと出来る!と過信し
変な体勢になりながら
必死になって自分でやってみた結果


大幅に失敗するという大惨事







切り口が
ハの字になるのが理想なのですが

逆ハの字になってしまいました
しかも鋭角に…








野島さんの手を煩わせまいと頑張った結果


かえって
余計に煩わせてしまうという



(´・ω・`;)











やることがたくさんある中
貴重なお時間をいただき
ありがとうございました







IMG_2315




なんとか左右対象になるよう
手直ししていただきました









どんな風に内側の革を切るのか
手直ししてもらっている間

しっかり見させてもらいながら
申し訳ない気持ちでいっぱいで…













過信しないこと
無理しないこと
すべてにおいて丁寧に作業すること


きちんと守って

いい靴が作れるように頑張ろうと思います











目の前に
教えてくれる人がいるっていうのは
とても幸せなことです



でもだからと言って

また聞けばいいと甘えず


1回でしっかりと覚えられるように
努力します!









それではまた明日(*´ω`)