おはようございます♪





初めての一足の続きです

昨日は
月型の釣り込みからスタート



この月型
厚みがあって…

ただでさえ難しく感じる釣り込みを
更に難しいものにしてくれます(´・ω・`;)



最初挑んだときは
正直

こんなに厚くて硬い革
どうやって木型に沿わせるの!

全然できないんですけど!

というのが感想でした




四苦八苦しているところ
野島さんにお手本をみせていただいて



IMG_2242




なるほどなるほど、と
顔中が目になるんじゃないかというくらい
凝視



イメージができたところで
再挑戦!



IMG_2243


なんとか出来ました!

これは嬉しかった…( ⁼̴̶̤̀ω⁼̴̶̤́ )



見るって大事


まさに
百聞は一見にしかず













続いて
先芯の釣り込みです


この先芯
とても硬いんです

IMG_2241


この写真は
糊を塗り終わったところなんですが

どう説明するのが
ぴったり当てはまるのか…


革が硬いのとはまた違って

薄いプラスチックのような?

上手く表現できずに申し訳ございません
( ̄∀ ̄;)



とにかく
このまま釣り込むなんて絶対無理






この先芯は
専用の溶剤を塗って柔らかくすることで
釣り込みができるようになるんですって



だがしかーし

溶剤が乾く前に
釣り込みを終えないと

またカチンコチンの芯に戻ってしまいます


時間との戦いです…!



時間に追われる系は苦手なんですよ
テンパってしまいます


でもそんなことも言ってられません



先芯の釣り込み開始です!


今までの革の釣り込みとは
素材が違うので
感覚がよくわかりません



こんなこと言えるほど
経験を積んでいるわけではないのですが


力の入れ方に注意しないと
すぐに破けてしまいそう



そうこうしているうちに
溶剤が乾いて
芯が固まり始め


結局
野島さんに
手直ししてもらうこととなりました




IMG_2244



なんで底側から写真を撮らなかったんだか
( ´•ω•`)










この日の夜
野島さんが先芯を釣り込むとのことで

その作業を見せてもらうことができました




それはそれは鮮やかな手付きで

足袋型の片足分を釣り込むのに
1分もかかっていなかった…!


ラウンド型に至っては
先芯を貼るところから
釣り込み終了まで

42秒でした(;゚д゚)




(こっそりタイムを測っちゃいました。笑)







さすがだなぁ









追い付くことは不可能ですが
出来るだけ近付くことができるように
なれたらいいなと思います







昨日も
月曜クラスの教室に
お邪魔させていただきました

ありがとうございました











今宇都宮さんが
体調を崩されているそうです


早く良くなりますように





皆さんも
お気を付けくださいね(*´ω`)






それではまた明日♪