「靴を作るが靴職人と呼ばれるのはちょっと・・・」つくりて野島と新人マキコのブログ

京都の手作り靴工房「吉靴房」で毎日手作りで靴を作る日々。 そして靴以外にも好きなものがあり、製作の合間の出来事も赤裸々に綴っていきます。 基本的にインドアなので、漫画、ゲーム、歴史、科学などなど。 靴作りと好きなことを中心に毎日更新します。 このブログは靴のつくりて野島とこれから初めて靴作りを学ぶ新人マキコの2人でお届けします。


おはようございます


子供の頃から
耳にタコができるほど
父親に聞かされた言葉です




当時は
なんのこっちゃ良くわからず

誰の言葉なのか
興味すらわかず


ただ
何回も聞かされて
なんとなく覚えていた言葉でしたが








今になってみると

名言だなぁとしみじみ














ご存知のも
たくさんいらっしゃるでしょう

連合艦隊司令長官
山本五十六さんの言葉です



五十六さんの名前の由来って

父親が56才のときに
生まれたから

なんですって!












そんな五十六さんの
表題の名言ですが

この言葉には続きがあるんです








話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず

やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず













仕事で下の子たちに
仕事を教えるとき


この言葉が頭をよぎるんですよ





まずやってみせる
言葉で教える
やらせてみて
褒めてあげる




仕事だけじゃなくても
共通するところ
あると思います






私は
褒められたら
そこで満足してしまい
伸びないんですけどね。笑










さてと!
今日は更新が遅くなってしまいました  



とてもお天気がいいですね
お散歩にでも出かけたい気分(*´ω`)


今日も1日頑張りましょー♪






こんばんは。野島です。


京都に帰ってまいりました。
今日は早朝に静岡から出発できたので、母のお墓参りをした後、伊勢神宮まで行ってから京都に戻ってきました。




久しぶりのお伊勢さん。あいにくの雨でしたが、大雨ではなかったのが幸いして、霧が出てさらに荘厳な雰囲気でした。




IMG_5963





IMG_5967




西陣界隈に店舗を構える吉靴房は今宮神社が氏神様となります。
「今宮五社」「五社今宮」とも称され、「五社」は伊勢神宮・今宮神社・春日大社・岩清水八幡神社・熊野大社を表すそうです。



上記のこともあって常に伊勢神宮は頭のどこかで意識していて、機会があればいつでも参拝したいと思っています。ひさしぶりに伺うことができました。




それともうひとつ。ご挨拶に伺いたいお店があったので行ってきました。
伊勢神宮の参道におかげ横丁という観光地としても有名な町並みがあります。
いろんなお店が江戸末期から明治初期のように再現されていて通るだけでも価値のある場所と思います。




IMG_5965


IMG_5968

こちらは超有名な赤福さんですね。




実はこのおかげ横丁内の「かみなりや」さんにて吉靴房の革下駄きんちゃくをお取り扱いいただいております。
おかげ横丁

かみなりや







吉靴房のきんちゃくはこちら↓
039







雨だったので商品が濡れない様に気をつけながら、ご挨拶に伺ってきました。
なかなか伺うことができなかったのですが、今日やっと叶いました。
伊勢神宮に隣接したおかげ横丁に商品を置いていただいて大変光栄です。


お伊勢参りに行かれる方は是非かみなりやさんにもお立ち寄りくださいませ!










このページのトップヘ